トランプ大統領が中国の米国債支払を不履行??!!

時事英語

はい、皆さんこんにちは!管理人のポチャです。お元気ですか!これを書いているのは5月2日なので日本全国ゴールデンウイークながらコロナウイルスで外出自粛でstay homeです。みなさん大変かと思いますが、こんな時こそがっちり勉強したいですね!

 では今回は5/1にCNNが載せた記事で「トランプ大統領が中国が保有する国債を支払い不履行にする?!」という内容です。米国債が支払い不履行になったら中国もさながら非常に大きな影響が出てきますね。ではじっくり記事をみていきましょう

重要単語

insane;正気でない

unprecedented:前例のない

contract;締結する。緊縮する

Great Depression:大恐慌

folly ;馬鹿げた

tumble:転げる

implode:内破する

screech:鋭い叫び声をあげる

destabilize: (…を)不安定にする、動揺させる

reparation:賠償金

It’s an insane time for Trump to pick (another) fight with China

→米中貿易戦争が再燃しようとしています。これは日本にとって対岸の火事ではありません。CNN Businessの記事を今日は見ていきましょう。

いままたトランプが中国と戦おうとするのは狂気の沙汰だ

 President Donald Trump has picked the worst possible time to relaunch his trade battle with China.

トランプ大統領は中国の貿易戦争を仕掛けるのに最悪の時期をとった。

→経済面では最悪の時期でしょう。政治家からすれば国内問題の責任転嫁を行い、国民の眼を国の外へ向ける常套手段でしょう。

The coronavirus pandemic is crushing the US and global economies. Unemployment is soaring. GDP is collapsing at an unprecedented pace. Corporate profits are plunging. Manufacturing is contracting.

 コロナの世界的流行はアメリカと世界経済を押しつぶそうとしている。失業率は舞い上がる。GDPは前例のないペースで落ち込んでいく。企業利益は真っ逆さまに落ち込んでいる。製造業は緊縮していく。

→soaring(舞い上がる)、collapsing(落ち込む、陥没する)、plunging(垂直に急落下する)とうまく対比表現を使った文章ですね。英作文でこれくらい書きたいですね。

Yet Trump could amplify that financial pain by attempting to use tariffs or other sanctions to punish China for its role in the health crisis. Economists warn that such a strategy could badly backfire, potentially turning what is now a deep recession into a full-blown depression.

 トランプ大統領はそれでも、この衛生上の危機にでの中国の立ち振る舞いへ懲罰を与えるために、関税若しくはその他の制裁を実施することで財政上の傷を更に増やすだろう。経済学者たちはそんな戦略は全くの逆効果を生むだろうと警告を鳴らす、潜在的には今でも深刻な不景気なのが全面不況へと突入していくだろうと。

“This is pure folly. It’s exactly what the US economy doesn’t need,” Joe Brusuelas, chief economist at RSM, told CNN Business.

「これはまったくもって馬鹿げている。まさしくこれはアメリカ経済が必要としていないことだよ。」

とRSMのチーフエコノミストであるJoe Brusuelas氏はCNNビジネスに語る。

Wall Street is not happy about the return of Tariff Man, as Trump calls himself.

The Dow tumbled 600 points, or 2.4%, Friday afternoon on concerns about renewed US-China tensions.

ウオールストリートはトランプ大統領が自称する「関税マン」が返ってくるのはうれしくない。ダウ指数は金曜の午後米中間の緊張が再度復活することを懸念して600ポイント、2.4%下落した。

‘Entirely bad idea’

全く持って間違った考え

 Recall that the Great Depression was worsened by a global trade war. In 1930, Congress passed the Smoot-Hawley Act, which imposed tariffs on all countries that shipped goods to America. Other countries retaliated with their own tariffs on US-made products.

 大恐慌が世界的貿易戦争で悪化していったことを思い出そう。1930年代議会はスムートホーレー法を議決しアメリカへ輸出してくる全ての国へ関税をかけた。諸国は報復としてアメリカ産品に関税をかけた。

→現在の世界情勢が30年代と酷似しており、早晩戦争が勃発するのではと危惧するのはポチャだけでしょうか。。

Repeating that mistake might deepen the ongoing downturn, as new trade tensions could cause last year’s US-China trade agreement to implode. Higher tariffs — or merely threats of them — could amplify the uncertainty facing companies around the world. And it will add pressure to complex global supply chains.

 新たな貿易における緊張が去年の米中貿易合意を内部破裂させるのであれば、過ちは今進んでいる経済停滞を更に深めていくであろうことを繰り返そう。高関税、彼らにとってはあまり大したものではないかもしれないが、それは世界中の企業が直面している不確実性を増幅していくそして複雑な世界のサプライチェーンへ圧力を加えていく。

“A Smoot-Hawley sequel is an entirely bad idea,” Brusuelas said.

Keep in mind that US tariffs on China don’t directly punish China — US businesses and households pay the cost of those taxes, not Beijing.

Causes of the Great Depression | Britannica

 「スムートホーレー法 後編なんてまったくもって馬鹿げた考えだ」と Brusuelas氏は言った。アメリカの中国への関税は直接的には中国を罰しないことを肝に銘じよう。アメリカビジネスと家庭がその関税のコストを支払うのだ、北京じゃない。

→これはある意味で正しくある意味で不正確ですね。昨年の貿易戦争では米国の物価上昇はある程度緩やかでしたが、中国側は急上昇したという報告がありました。また中国の雇用率・経済は確実に悪化しました。貿易戦争は、米国に有利な結果を出したというのがポチャの認識です。

The timing of the renewed trade tensions is highly unusual. In the past, the argument for taking the fight to China was that the United States economy was strong enough to withstand a trade war.

 貿易の緊張を再度高める時期としてはあまりに異常だ。過去中国と戦うことを議論したのは米国経済が貿易戦争に耐え得るほど強かったのだ。

→確かに。只今潰さなければ何時潰す、中国を?という危機感がアメリカ人にはあるのかと思います。世界を牛耳るのが習近平が率いる一党独裁の中国であったり、プーチン独裁国家のロシアとなったら怖いですよね。安倍マスク首相も「いっそのこと日本も首相終身制にしよう」といって憲法改正し独裁体制を敷くかも。

Yet talk of tariffs now comes as even Trump’s own economic advisers warn of 20% unemployment and a 40% collapse in GDP. In other words, the US economy is extremely vulnerable.

 関税について話せばトランプ大統領自身の経済顧問さえ20%の失業率と40%のGDPの落ち込みへ警告を鳴らす。言葉を換えれば、アメリカ経済は、あまりに弱弱しいのだ。

Wall Street had been betting on a swift recovery from the recession. That optimism had lifted the S&P 500 about 30% above its March 23 low, at least before Friday’s tumble.

 ウオールストリートは景気後退から素早い回復をしようとしていた。その楽観はS&p 500は3月23日の底値に対して30%ほど持ち上がっていた、少なくとも金曜日の転落前までは。

New tariffs would clearly cast doubt on that assumption, according to Deepak Puri, CIO Americas at Deutsche Bank Wealth Management. “Discussions around new tariffs would be bad news, for both financial markets and the economy,” Puri wrote in an email.

 ドイツ銀行ウエルスマネージメントのDeepak Puri CIOによれば、 新たな関税は明らかに上記の動きに疑いを投げかけるだろうとのことだ。「新たな関税に纏わる議論は、フィナンシャルマーケットとエコノミーにとって悪いニュースとなるだろう。」とメールに書いている。

Could Trump cancel US debt owed to China?

トランプ大統領は中国保有の米国国債をキャンセルするだろうか?

Multiple Trump administration sources told CNN this week that there is an appetite to use various tools against China, the most alarming of which is the idea of retaliating against China by canceling US debt owed to Beijing, as first reported in The Washington Post.

 ワシントンポストが最初に報じたが、複数のトランプ政府情報筋が今週CNNへ語ったところによると、中国に対して様々な手段を講じる意思がある、最も不穏な考えとして北京が保有する米国国債の取り消しも含めて中国への報復を行うということだ。

China owns $1.1 trillion of US Treasuries, according to the Treasury Department, making this an enticing idea for China hawks. And it could be intriguing to Trump, who has called himself the King of Debt.

 財務省によると中国は1.1兆ドルの米国債を保有しており、それは中国タカ派をにとってこの魅力的な考えを生み出す。そしてそれは国債王と自称するトランプの好奇心をそそる。

For instance, Republican Senator Marsha Blackburn told Fox News Radio this week the United States should consider waiving interest payments to China because of the economic cost of the pandemic. “I think that that’s an idea that is worthy of exploration looking forward,” she said.

 たとえば共和党 Marsha Blackburn上院議員がフォックスニュースラジオへ語ったところによると、米国は今回のパンデミックの経済代償として中国への利子の支払いを放棄することを考えるべきだとことだ。「これは喜んで探求するに値する考えと思う。」

→既に中国国内のSNSでは騒ぎになっており、中国国内の嫌米感情は更に高まってきています。今後中国の方々のSNSの内容も別の機会に取り上げていきたいと考えています。

Market chaos

市場の混乱

Such a move would be highly destabilizing, as it would constitute a default on US debt, analysts say. That in turn could force ratings firms to downgrade the United States’ own credit rating, undermining the widely-held view that US Treasuries are the safest assets in the world, where they serve as a benchmark for pricing on everything from mortgages to junk bonds.

  そのような動きは米国国債不履行となる為非常に不安定なものとなるでしょうとアナリストは語る。その結果、格付け会社は米国自身の信用格付けを格下げする必要があり、米国債は住宅ローンからジャンク債まですべての価格付けのベンチマークとして機能する、世界で最も安全な資産であるという広く支持されている認識を損なう可能性がある。

“Collecting reparations” through China’s Treasury holdings “would undermine financial markets” and be “legally questionable,” analysts at consulting firm Eurasia Group wrote in a note to clients Thursday. The firm said such a move is “extremely unlikely.”

 「中国の米国債を通じて賠償金を取ろうとするのはフィナンシャルマーケットを損なうだろうし法的にも疑問がある」と

コンサルト会社ユーラシアグループのアナリストはnoteにて顧客へ書いている。そんな動きは「あまりにありえない」とコンサルト会社は言った。

Chris Krueger, analyst at Washington Research Group, agrees. “We don’t think this will happen and it is likely to see serious pushback, BUT we are in totally uncharted waters,” Krueger wrote in a note to clients.

 ワシントンリサーチグループのアナリストChris Krueger氏は賛同する。「我々はこれが発生するとは考えていないし、それは深刻な(景気)後退を目の当たりにするだろう。但し、我々は今全く地図の無い航海にいるのだ。」とnoteで顧客に書いた。

Brusuelas, the RSM economist, warned that canceling US debt held by China would “cause global financial markets to come to a screeching halt” and worsen the economic crisis.

  RCMのエコノミストBrusuelas氏は中国が保有する米国債をキャンセルすれば世界の金融市場が悲鳴を上げて急停止し経済危機を更に悪化させると警鐘を鳴らす。

“If such a thing were to ever be attempted it would create the conditions for a global depression,” Brusuelas said.

 「そんなことをやろうとすれば、世界的不況を創り出すだろう。」とBrusuelas氏は言った。

Trump prefers tariffs

トランプは関税がお好き

Trump’s economic advisers have been trying to shoot down this idea.

“The full faith and credit of US debt obligations is sacrosanct. Period. Full stop,” White House economic adviser Larry Kudlow told Reuters, adding that the Washington Post article is “completely wrong.”

 ワシントンポストの記事は「完全に間違っている」と付け加えながらホワイトハウスの経済顧問の Larry Kudlow 氏はロイター通信に対し、「米国の債務義務の完全なる信仰と信用は聖域だ。ピリオド、止めてくれ」と語った。

Even Trump sounds cautious about such a radical strategy. Asked if he would consider having the United States not pay its debt obligations to China, Trump expressed concern about undermining the US dollar.

 トランプ大統領さえそのような極端な戦略には注意深いように聞こえる。大統領に米国が中国に債務義務を支払ないことを検討するかと尋ねた時に、トランプ大統領は米ドルを気づけることを心配すると表明した。

“When you start playing that game, you’re really hurting the sanctity, the importance of the greatest currency on Earth,” Trump said Thursday. “That’s a rough game.”

 「ゲームを始めた時にね、本当に聖域を傷つけてしまうんだよ、地球の偉大なる貨幣の重要さを」と木曜日トランプ大統領は言った。「それは乱暴なゲームだ」

Yet he didn’t back down from the idea of punishing China through alternate methods that could also hurt the economy. “We can do it in other ways. We can do it with tariffs,” Trump said.

 だけど経済を損ないかねない代替手段を通じて中国を懲らしめるという考えを引き下げることはなかった。「ほかの方法でもできるんだよ、関税でそれをやるんだよ。」とトランプ大統領は言った。

In other words, Tariff Man is winning out over King of Debt. Either way, the economy could be the big loser.

 言葉を換えれば、関税マンは国債王に勝るということか。いずれにせよ経済は大きく失われていく。

本日は以上となります。いや~余談のならない日々が続きますね!コロナ問題に米中貿易戦争と。人生自己責任ですので我々庶民はどんな環境でも糊口する術を身に着けておく必要があります。英語もそのスキルの一つですのでコツコツ頑張って勉強しましょう!

コメント