【英語で読もう世界の時事ニュース】南シナ海の現状は将来の尖閣諸島??!!中国によるインドネシア漁民の酷’死’、行政区の強行設立

時事英語

Recent Developments Surrounding the South China Sea

US vs China Today (May 12, 2020): US Military Attack China in the South China Sea

東シナ海における最新情勢

 はい、こんにちは、管理人のポチャです。本日はNEW YORK TIMESが報道した南シナ海における最新情勢をお送りします。日本の領海尖閣諸島付近へ中国が頻繁に領海侵犯しているのは報道されていますが、南シナ海でも同様の行為を中国は近隣諸国に対して行っています。いえ、それ以上です。中国漁船がインドネシア人の方々を半奴隷的な扱いで酷”死”し、太平洋へ投げ捨てるといった事件まで発生しています。それに対して米国が動いています。日本も声高々に態度を明らかにしていかなければ、中国の日本の領海侵入が拡大していき、日本漁船拿捕、日本国民拘留、日本領海内の海洋資源乱獲といった事態に発展しかねません。では記事を見ていきましょう;

重要英単語

pit:競争させる.戦わせる。

allegedly:(真偽は別として)申し立てによると、伝えられるところでは

further:(距離・空間・時間が)さらに遠く、もっと先に、(程度が)さらに進んで、なおそのうえに、さらにまた

inflame:興奮させる、あおる、たきつける、真っ赤にする、ほてらせる、(…に)火をつける、(…を)燃え上がらせる、(…に)炎症を起こす、充血させる

exclusive economic zone:経済水域; 排他的経済水域; EEZ; 独占経済水域

ceaseless:絶え間のない

relevant:(当面の問題にとって)適切な、妥当な、関連のある、関連して、関係があって

BEEF UP:(…を)強化する

substantially:実質上、大体は、十分に、大いに、しっかりと

intelligence:知能、理解力、思考力、知性、聡(そう)明、(すぐれた)知恵、機転、知恵、諜報機関

reconnaissance:偵察、偵察隊

adversary:反対する人、 敵、 (競技などの)相手

set for:課する。用意する。

 A look at recent developments in the South China Sea, where China is pitted against smaller neighbors in multiple territorial disputes over islands, coral reefs and lagoons. The waters are a major shipping route for global commerce and are rich in fish and possible oil and gas reserves.

 南シナ海の最新情勢に目を向けてみよう。南シナ海は島、サンゴ礁、ラグーンをめぐり複数の領海係争を中国が小さな近隣諸国らと起こしているところです。その海は世界商業にとって主の航海ルートであり、魚が豊富で、潜在的石油やガス資源があります。

 インドネシアが中国漁業会社の自国民に対する処遇を非難

INDONESIA CONDEMNS TREATMENT OF NATIONALS BY CHINESE FISHING COMPANY

Indonesia’s government has condemned what it calls the “inhuman” treatment of its nationals by a Chinese fishing company that allegedly kept Indonesian fishermen as virtual slaves, leading to the deaths of at least three of them.

Indonesian sailors’ deaths on Chinese fishing vessel raise questions about working conditions

 インドネシア政府が中国漁業会社の、自国民に対する非人道的な扱いを「非人道的」と非難しました。その会社はインドネシア漁民を’仮想’奴隷のように扱い少なくとも3名を死に至らせたと伝えられています。

The issue threatens to further inflame tensions between China and Indonesia, which accuses Chinese boats of poaching in its exclusive economic zone.

 この問題は中国・インドネシア間の関係をさらに激化させます。インドネシアは中国船が自国の排他的経済水域へ侵犯していることを非難しています。

Calls for probe into forced labour, deaths on Chinese vessels

Indonesian Foreign Minister Retno Marsudi said in a video conference Sunday from the capital, Jakarta, that 49 Indonesian fishermen, ranging from 19 to 24 years old, were forced to work an average of over 18 hours a day on at least four Chinese fishing boats.

 インドネシアのルトノ・マルスディ外相は首都ジャカルタより日曜日のビデオコンファレンスにて「19歳から24歳の49名の漁民が4隻の中国漁船にて一日平均18時間の強制労働を強いられている。」と語りました。

Marsudi said some of the fishermen were either not paid at all or did not receive the amount they had agreed to. The ceaseless work and poor conditions on the ship caused illnesses among the crew members, killing at least three Indonesians, whose bodies were cast overboard into the Pacific Ocean, she said.

 マルスディ氏は何名かの漁民は(給与を)支払われてもいないし同意した(給与)金額を受け取ってもいないと

語りました。その休みなき労働と船上の劣悪な環境は船員たちに病気を引き起こし、少なくとも3名のインドネシア人が死んでしまいました。その遺体は太平洋へ投げ捨てられたと彼女は語りました。

At a Monday briefing, Chinese foreign ministry spokesman Zhao Lijian said China was investigating the incident, but that preliminary results had shown that “parts of the report are false.”

 月曜日の報告で中国外務省趙立堅報道官は、中国は事件を調査中であるが、初期報告では”報告の一部は虚偽”であることを示していると語りました。

China Angry (May 10, 20): China Conducted Massive Drill To Face The U.S Warship In South China Sea

“China and Indonesia have maintained close communication on this matter and will properly handle relevant issues on the basis of respecting facts and laws,” Zhao told reporters.

 「中国とインドネシアは本件において緊密な意思疎通を取っており、事実と法の遵守に基づいて正しく関連問題に対処していく。」と記者に語りました。

U.S. UNMANNED AIRCRAFT BEEF UP INDO-PACIFIC DEFENSES

米国無人航空機がインドー太平洋の防衛を強化

The U.S. military says it has substantially beefed up its presence in the Indo-Pacific region, which includes the South China Sea, with the deployment of a pair of MQ-4C Triton Unmanned Aircraft Systems.

China Shocked (May 12, 2020): US Sends Massive warships to the South China Sea

 米国軍はインドー太平洋領域においてその存在を十分に強化していると語りました。それには南シナ海も含まれており、

MQ-4Cトライトン無人偵察機システム1対を配置します。

The aircraft can operate at more than 15,000 meters (50,000 feet) and have a range of more than 3,700 kilometers (2,000 nautical miles), providing “unmatched high-altitude persistent intelligence, surveillance, and reconnaissance (ISR) capability,” the U.S. 7th Fleet said in a statement from Andersen Air Force Base in Guam.

 その偵察機は(高度)15000m、範囲3,700km以上を活動でき、「無比なる高度での一貫した情報収集、監視、そして偵察(ISR)能力」をもたらします。

“Bringing Triton forward creates a complex problem set for our adversaries,” said Cmdr. Michael Minervini, commanding officer of the unit operating the aircraft.

Breaking News (09/05/2020) – Can China Sinks US & Australian Navy in South China Sea Region

「トライトンを進めるということは敵に複雑な問題を生み出していく」と偵察機を操縦する部隊のマイケル・ミネルビニ指揮官は語りました。

U.S. NAVY SENDS SHIPS TO SCENE OF CHINA-MALAYSIA MINERAL RIGHTS DISPUTE

 米国海軍の中国・マレーシア間鉱物争議海域への艦船派遣

A pair of U.S. Navy ships sailed to the scene of a mineral rights dispute between China and Malaysia in the South China Sea, according to the news service of the U.S. Naval Institute.

 米国海軍研究所のニュースサービスによると、一対の米海軍艦船が南シナ海の中国・マレーシア間の採掘権紛争となっている海域を航海しました。

China Tension (05/05/2020) – Royal Navy HMS Joins US Navy to Fight China in South China Sea

USNI News said the littoral combat ship USS Montgomery and replenishment ship USNS Cesar Chavez conducted a patrol on Thursday near the Panamanian-flagged drill ship West Capella, which has been contracted by Malaysian state oil company Petronas to conduct surveys within Malaysia’s exclusive economic zone.

 USNIニュースは沿海域戦闘艦のUSSモントゴメリーと輸送艦USNSSシーザー・チャベスがパナマ籍西カペラ採掘船の近辺で巡行を行ったと報道しました。その採掘船はマレーシアの石油会社ペトロナスと契約しマレーシアの排他的経済水域で調査を行うことになっています。

Chinese navy and coast guard vessels have been shadowing the drilling ship.

 中国海軍と海警局公船は採掘船を尾行していました。

In late April, U.S. and Australian ships conducted drills near where a Chinese government survey ship, Haiyang Dizhi 8, was reportedly operating under the protection of Chinese coast guard ships.

China Tension (May 12, 2020): US has ramped up its Massive military operations in South China Sea

 4月下旬、米国とオーストラリア艦船は中国政府調査船「海洋地質8号」の付近で演習を実施しました。「海洋地質8号」は中国海警局公船の庇護のもと操縦していると報道されています。

On Friday, the U.S. Pacific Fleet commander, Adm. John Aquilino, said China must cease “bullying Southeast Asians out of offshore oil, gas, and fisheries.”

 金曜日、米太平洋艦隊のジョン・アキリノ司令官は、中国は”東南アジア諸国を虐めて沖合の石油、ガスそして漁業から締め出す”ことは止めなければならないと語りました。

 以上となります。コロナウイルス危機に乗じて南シナ海、東シナ海、そして中印国境紛争地域と活動を活発にする中国です。日本メディアは国内ニュース報道が主となっていますが、世界情勢を理解し私たちの日本の国際社会での立ち位置を判断していくことが必要です。なので英語ニュースを読みましょう!

原文

コメント