NASAとSSaceXが10年ぶりに米国本土から宇宙飛行士を打ち上げる

時事英語

 はい、こんにちは管理人のポチャです。今回はNASAとSpaceXが10年ぶりにアメリカから有人宇宙船を打ち上げたニュースを皆さんと読んでいきます。

NASA, SpaceX launch astronauts from US soil for the first time in a decade

A SpaceX rocket and spacecraft carrying two NASA astronauts soared into outer space Saturday — marking the first time humans have traveled into Earth’s orbit from US soil in nearly a decade.

Liftoff occurred just after 3:20 pm ET from Florida’s Kennedy Space Center. Astronauts Robert Behnken, 49, and Douglas Hurley, 53, will spend about 19 hours aboard SpaceX’s Crew Dragon capsule as it slowly maneuvers its way toward the International Space Station.

NASA, SpaceX launch astronauts from US soil for the first time in a decade

SpaceXのロケットとNASAの二名の宇宙飛行士を乗せた宇宙船が土曜日に宇宙へと打ち上げあられた。ほぼ10年ぶりに米国本土から地球の軌道へ人類が旅立った。

 米国東部時間午後3:20直後にフロリダ州ケネディ宇宙センターにて発射は行われた。宇宙飛行士のロバート・ベンケン 49歳、ダグラス・ハーレー 53歳の両氏はSpaceXのクルードラゴンカプセルに19時間乗る。それはゆっくりと国際宇宙ステーションへ向かっていく。
 

The spacecraft is expected to dock with the space station around at 10:29 a.m. ET on Sunday, May 31.
The United States hasn’t launched its own astronauts into space since the Space Shuttle Program ended in 2011. Since then, NASA’s astronauts have had to travel to Russia and train on the country’s Soyuz spacecraft. Those seats have cost NASA as much as $86 million each.
The launch also marked the first time in history that a commercial aerospace company has carried humans into Earth’s orbit. SpaceX has been working on the Crew Dragon spacecraft for 15 years.
The launch of SpaceX’s Crew Dragon spacecraft has moved forward despite the Covid-19 pandemic, which has shuttered both private and government operations across the US. NASA says it needed to carry on with the mission in order to keep the International Space Station, a giant orbiting laboratory, fully staffed with US astronauts.

NASA, SpaceX launch astronauts from US soil

 宇宙船は5月31日日曜日米国東部時間10:29ごろに国際宇宙ステーションに接続する予定だ。
 2011年にスペースシャトルプログラムが終了して以来、アメリカは自身の宇宙飛行士を宇宙へ送り込んでいなかった。NASAの宇宙飛行士はロシアまで旅行しロシアのソユーズ船へ乗り込んでいた。NASAは搭乗代としてUSD8600万/シートを支払わなければならなかった。
 その打ち上げはまた歴史上初めて民間の宇宙開発会社が人類を地球の軌道へ送り込んだものである。SpaceXは15年間クルードラゴンを開発してきた。新型コロナウイルスで米国中で民間も政府機関も閉鎖状態であったにも拘わらず、SpaceXのクルードラゴンの打ち上げは進められてきた。NASAは、巨大起動実験室であり多数のアメリカ宇宙飛行士を乗せた国際宇宙ステーションを維持するために、この任務を遂行する必要があったと語った。

NASA, SpaceX and military personnel gathered in control rooms to support the launch, and they implemented additional safety measures, such as changing control rooms when a new shift begins so that the other room can be deep cleaned.
Prior to the launch, the space agency’s top official, Jim Bridenstine, said he hoped it will inspire awe and uplift the general public during the ongoing health crisis.
On the ground in Florida, local authorities were bracing for an influx of spectators who were expected to gather on nearby beaches, which were recently reopened after weeks of lockdown amid the battle against Covid-19.
A few dozen journalists were permitted to cover the launch from the press area at Kennedy Space Center, but strict social distancing policies and guidelines around wearing masks were implemented. Bridenstine held most briefings by telephone, for instance, and in-person interviews were conducted one-by-one with news crews.

NASA and SpaceX launch astronauts from U.S. soil for the first time since 2011

NASA,SpaceXそして軍人たちは打ち上げを支援する為操縦室へ集まった。そして彼らは新しいシフトが開始するときに他の部屋を細かく掃除できるように操縦室を変更したりと追加の安全施策を実施した。


打ち上げに先立ち、宇宙機関の最高幹部ジム・ブリデンスティン氏はそれが今発生している健康危機の中で畏敬の念を起こさせ、一般市民の意識高揚を望むと語った。


 フロリダの地では、新型コロナウイルスで数週間のロックダウン後最近再開した付近の砂浜に集まっていた観客たちの入場を地元当局は呼び掛けた。
 数十人の記者たちはケネディ宇宙センターの報道エリアで発射を報道することを許された。しかし厳しいソーシャルディスタンスやマスク着用等のガイドラインは実施された。ブリデンスティン氏は電話にて大半の説明を行った。例えば個人インタビューは記者たちと一対一で行われた。

This launch also served as a sort of litmus test for NASA’s push to partner more extensively with the private sector.
SpaceX developed Crew Dragon under NASA’s Commercial Crew Program, which, for the first time in the space agency’s history, handed over much of the design, development and testing of new human-rated spacecraft to the private sector. NASA awarded SpaceX and Boeing a fixed-price contracts to get the job done, and after Boeing suffered a major setback during an uncrewed test flight last year,

SpaceX and NASA launch astronauts from US soil | USA TODAY

 この打ち上げはNASAが民間部門とより広範囲にわたってパートナーを組もうとするリトマス試験として機能した。
SpeceXはNASAの民間クループログラムでクルードラゴンを開発した。それは宇宙機関の歴史で初めて新規有人宇宙船の設計、開発そして試験の大半を民間機関へ受け渡した。NASAはボーイング社が去年無人試験の期間多大な頓挫に見舞われた後、SpaceXとボーイング社を固定価格契約で業務を遂行したことを表彰した。

That decision wasn’t without controversy, particularly in the Commercial Crew Program’s early days. But Wednesday’s success could be seen as a huge win for folks at NASA who hope to rely more extensively on similar contracts to help accomplish the space agency’s goals.
Bridenstine, for example, hopes to rely heavily on private-sector partnerships to accomplish the space agency’s ambitious goal of landing US astronauts on the moon in 2024.
“Ultimately, what we’re trying to achieve is having numerous providers that are competing against each other on costs, innovation and safety. And then NASA can be a customer, one customer of many customers, and we already know that this will save a ton of money over the long term,” Bridenstine told CNN Business’ Rachel Crane earlier this week.

Animation of Nasa SpaceX mission ahead of historic launch

 その方向性は争議を呼ばなかったわけでは無かった。特に民間クループログラムの初期においてではある。しかし水曜日の成功は宇宙機関の目的達成を支援する同様の契約を更に広範囲にわたって頼みにしていきたいNASAの人々にとって巨大な勝利と映っただろう。
ブリデンスティン氏は、例えば、2024年には有人月面着陸という野望的な希望を持っている。
「最終的には私たちが実現したいのは原価、開発そして安全性において競争しあう数知れない供給者を保有することだ。。そしてこれは長期間にわたり巨額の資金節約になることは自明の理だ。」と今週初めブリデンスティン氏はCNN Businessのレイチェル・クレインに語った。

 はい、以上となります。スペースシャトル退役以降有人宇宙船はロシアに頼り、その後中国が月面着陸を果たしました。アメリカは後塵を拝しているところがあったのではないでしょうか。それゆえ宇宙軍を設立したり、民間との協業作業を探り宇宙でも覇権を狙っているのでしょう。

原文

重要英単語


●liftoff
打ち上げ
●maneuver
巧妙な処置、策略、工作、巧みに操縦して~させる
●brace
(…に)つっかい棒を入れる、支える、(…を)補強する、(…を)締める、引き締める、ぴんと張る、ふんばる、緊張させる、身を引き締める、奮起する
●setback
(進歩などの)妨げ、逆転、逆行、(病気の)ぶり返し、停滞、頓挫(とんざ)、セットバック、段形後退


コメント