【時事英語ニュース対訳付き】雲隠れ金正恩委員長が3週間ぶりに公式の場へ

時事英語

はい皆さんこんにちは、ポチャです。この記事を書いているのは2020年5月3日です。コロナウイルスで日本はゴールデンウイークなのに全国外出自粛の状態です。欧米でもロックダウンの状態は継続しています、当の中国は既に緩和されてメーデー連休は大勢の中国人が国内旅行をしているようですが。

 そんな中誰も相手にしてくれないので雲隠れしていた北朝鮮金正恩委員長が3週間ぶりに公式の場に姿を姿を現しました。誰も相手にしてくれないので家出をした家出少年のようですが、そのBBC英文記事を皆さんと一緒に見ていきましょう;

重要英単語:

Mausoleum:大霊廟
KCNA: KOREAN CENTRAL NEWS AGENCY of DPRK
break into:~の状態になる。
defector:離反者、脱党者、脱落者
cane:茎、ステッキ
speculative:試作的な、推論的な、投機的な
precedent:先例

Kim Jong-un appears in public, North Korean state media report

Kim Jong Un makes first public appearance in weeks: North Korea state media


金正恩(朝鮮労働党委員長)が公の場に出現すると韓国メディアが報道

Kim Jong-un has appeared in public for the first time in 20 days, North Korean state media says.
韓国メディアによると金正恩(朝鮮労働党委員長)が20日ぶりに公の場に姿を現した。

KCNA news agency reports that the North Korean leader cut the ribbon at the opening of a fertiliser factory.
 
KCNAニュースは北朝鮮の指導者が肥料工場でリボンカットを行ったと報道した。

It adds that people at the factory “broke into thunderous cheers of hurrah” when he appeared on Friday.

Kim Jong Un makes public appearance amid speculation about his health

 そして彼が金曜日に現れた時に、工場の人々は「激しい歓声に包まれた」と付け加えた。

The reported appearance – his first since an event on state media on 12 April – comes amid global speculation over his health.

 世界中に彼の健康に憶測が飛ぶ中(4月12日の国営メディアの行事以来の)姿を再び現した報道であった。

→金委員長が脳梗塞を起こしたとかの重篤説がニュースに流れていましたね。確かにあれだけ太っていれば、発症してもおかしくない。閉鎖された国家なので彼の生活には普段から様々な憶測が飛んでいますね。

A Day in the Life of North Korean Dictator Kim Jong Un

The latest reports from North Korean media could not be independently confirmed.

 北朝鮮メディアの最新報道は単独では確認できなかった。

State media later released images that it said showed Mr Kim cutting a ribbon outside a factory.

 国営メディアはその後金委員長が工場の外でリボンカットする様子と言われる動画を放映した。

Asked about Mr Kim’s reported reappearance, US President Donald Trump told reporters that he didn’t want to comment yet.

 金委員長(の報道された再登場)について、トランプ米国大統領は記者にまだコメントしたくないと語った。

 What does the state media report say?

How Cruel Is North Korean Leader Kim Jong-Un?

 何を国営メディアは語ったのだろう?


According to Korean Central News Agency (), Mr Kim was accompanied by several senior North Korean officials, including his sister Kim Yo-jong.


 朝鮮中央ニュースによれば、金委員長は妹のキム・ヨジョンを含む数名の北朝鮮高官と同行していたという。

The North Korean leader cut a ribbon at a ceremony at the plant, in a region north of Pyongyang, and people who were attending the event “burst into thunderous cheers of ‘hurrah!’ for the Supreme Leader who is commanding the all-people general march for accomplishing the great cause of prosperity”, KCNA says.

 北朝鮮中央ニュースが言うには、繁栄という偉大な目的を達成するため、全国民の行進を指揮する最高指導者に、平壌の北部の人々が激しい歓声を上げる中、工場儀式のリボンカットを北朝鮮の指導者は行った。

What started speculation about his health?

Who Will Take Over After Kim Jong Un in North Korea?

何が彼の健康についての憶測を生んだか?

Speculation about Mr Kim’s health began after he missed the birth anniversary celebrations of his grandfather, state founder Kim Il-sung on 15 April.

 国の創始者であり彼の祖父である金日成の誕生日の儀式に姿を見せなかったことから、憶測が始まった。

The anniversary is one of the biggest events in the North Korean calendar, and Mr Kim usually marks it by visiting the mausoleum where his grandfather lies. Mr Kim had never missed this event.

 誕生日は北朝鮮のカレンダーで最も大きな行事の一つであり、普段は金委員長は彼の祖父が眠る大霊廟を訪問するようにしていた。

Claims about Mr Kim’s ill-health then surfaced in a report for a website run by North Korean defectors.

脱北者が運営するウエッブサイトの報告で金委員長の不健康説が浮上した。

Who could follow Kim Jong Un as North Korea's next leader? | DW News

 
An anonymous source told the Daily NK that they understood he had been struggling with cardiovascular problems since last August “but it worsened after repeated visits to Mount Paektu”.

 匿名筋が北朝鮮日報に語ったところによると彼は昨年8月から心血管疾患に悩まされていたことは知られていたが、白頭山の訪問により更に悪化したとのことだ。

This led to a chain of reporting by international media on a single-sourced story.

 この一つの情報源の逸話が国際メディアの連鎖報道を引き起こした。

News agencies then began to run with that claim, and it was all they had until some reports emerged that intelligence agencies in South Korea and the US were monitoring the claim.

 報道機関はあの(不健康説の)主張をし始めた。そして韓国の情報機関やアメリカがその主張を注視しているという報告が出るまで、ただそれだけだった。

But then came a more sensational headline in US media that the North Korean leader was in a critical condition after heart surgery.

  しかし更にセンセーショナルなヘッドラインが米国メディアに飛び出してきた。北朝鮮の指導者は心臓手術後、重篤状態にあるというものだった。

Kim Jong-un had not missed the birth anniversary of his late grandfather before
US Secretary of State Mike Pompeo appeared to stoke the rumours on 29 April, by saying US officials “hadn’t seen” Mr Kim recently.

 米国高官が最近、金委員長を「見ていない」と語って噂を焚きつけたようにみえるとポンペィオ長官が話した4月29日時点までは金正恩委員長は彼の祖父の誕生日を逃していなかったことになっていた。

However, a statement from the South Korean government, and sources at Chinese intelligence – speaking to the Reuters news agency – said this was not true.

 しかしながら、韓国政府の声明及び中国情報機関がロイター通信に話したところによれば、それは真実では無かった。

Has Kim Jong-un disappeared before?

Kim Jong-un seen limping in public and using a walking stick

 過去に金正恩委員長は姿をくらましたことはあるか?

Yes. Mr Kim went missing for 40 days in September 2014, after attending a concert. He reappeared in mid-October, using a cane.

 ある。金委員長は2014年9月に40日姿を隠した。コンサートに出席してからだ。

State media never explained where he had been. But South Korea’s intelligence agency said he probably had an operation on his left ankle stemming from problems with a cyst.

 国営メディアは彼がどこにいるか一切説明しなかった。しかし韓国情報機関は彼は左足首の嚢胞の手術を行ったのかもしれないと話した。 

Analysis by Laura Bicker, Seoul correspondent

ソウル報道員  Laura Bickerの分析

 Caution is often tossed aside when reporting on North Korea. Thinly sourced, wildly speculative rumours can feed an industry aware that sensationalist headlines about Kim Jong-un are great clickbait.

 北朝鮮を報道するときにしばしば慎重は脇に追いやられる。ほんの限られた情報源と広がる不確かな噂が、業界に餌を与える。業界は金正恩委員長に関する最もセンセーショナルなヘッドラインがものすごいクリックベイトであることを知っているのだ。

→ポチャは日本語らしい訳にするのにちょっと悩みました(汗)
 
Reporting on the secretive state is difficult. Facts and sources are very difficult to obtain, especially since the country is even more closed off to the world due to the Covid-19 pandemic.

 この秘密の国について報道するのは難しい。事実と情報源を獲得するのはとても困難だ。特に新型コロナ蔓延により世界と更に断絶するようになってからはだ。

The South Korean government was clear that it noted no unusual activity in the North. Seoul often has the best intelligence from Pyongyang. But even they have been wrong in the past.

 韓国政府は北朝鮮に特に異常な行動が無いことは分かっていた。ソウルはしばしば最良の諜報を平壌から得ているからだ。しかしそれでも彼らは過去に過ちを犯している。

Let’s be clear. Kim Jong-un could have been ill, or he could have had some sort of surgical procedure in the last two weeks.

 明確にしよう。金正恩が過去2週間の間に病気だったかもしれない、若しくは彼が何らからの手術を行っていたかもしれない。

Or he could have been lounging on a yacht near his villa in Wonsan laughing at the world’s wild speculation. His 20 day absence is not without precedent.

Kim Jong Un's gift to North Korean people

 若しくは元山市の別荘の近く近くのヨットに乗り、世界に広がる憶測を笑っていたかもしれない。彼の20日間の不在は前例がないわけでは無い。

There are still valid questions to be asked about a potential successor and what plans are in place should something happen to him.

 それでもなお様々な疑問がある、潜在的な後継者のことや、何か彼に発生した場合にどのような計画が採られるとかだ。

But there is one thing that has been lost in all of this. North Korea is more than one man. It is a country of 25 million people who are often overlooked. Today, Mr
Kim’s reappearance was at a fertiliser plant.

 しかしこれらの中で一つ見逃していることがある。北朝鮮は一人の男性以上のものなのだ。それは、良く見過ごされがちだが、2500万の人々の国なのだ。今日、金委員長の再出現は肥料工場だった。

The headlines will of course focus on his return, and on where he has been rather than on whether this factory will help the country tackle chronic food shortages.

 そのヘッドラインはもちろんこの工場が国が混沌とする食糧不足を解決しようとする国の助けになるかどうかということよりも、彼の帰還、そして彼がどこにいたかに焦点を当てるものだ。

I assure you, that for the people of North Korea right now, that is just as important as the unexplained absence of their leader.

 北朝鮮の国民にとってそれは彼らの指導者の不在の説明と同じくらいそれは重要なのだ。

 はい、本日は以上となります。ミサイルをぶちあげる「ロケットマン」だけではあまり見向きもされなくなったので、今度は家出少年になったというところでしょうか。

コメント