香港デモ:ウオッチドッグ(警察への監視機関団体)が警官らの取り締まりは問題無と判断

時事英語


Hong Kong protests: Police watchdog clears officers over crackdown

 はい、こんにちは、管理人のポチャです。本日はBCCにて香港デモに関するニュースが報道されましたので、そちらを見ていきます。
 香港デモは、それまで中国にありながら(騒々しいけど)平和で自由な都市を一変させました。デモを始めた抗議者たちは結果が出ない限りデモをやめられない(やめたら調査が開始し後日捕まる)、政府・警察は中国中央政府の強い指示があるので一歩も引けないという硬直状態に陥り、小さな社会を深く分断してしまっています。折しもそこにコロナウイルス問題が勃発しデモが中断されているのですが、これを機に警察側の動きが出ています。今回はその一連の動きとなっています。

重要英単語

watchdog: 番人、監視機関
exonerate: 免れさせる、解放する
whitewash:しっくい、のろ、ごまかし、隠蔽
collusion: 共謀、談合、なれ合い、通謀
mob: 暴徒、やじ馬連、(理性的でなく、絶えず意見が変わる)
triad: 三徴候、三主徴、三連構造、三回対称軸
indelible: 消えない、忘れられない
adamant: 断固とした、(…に)負けないで、譲らなくて、断固としていて、断固主張して
brutality: 野蛮、残忍性、無慈悲、残忍な行為、蛮行
blatant: 騒々しい、(しつこくて)やかましい、けばけばしい、あくどい、見えすいた、露骨な、

Hong Kong’s police watchdog has largely exonerated officers for their handling of democracy protests last year.
The report said officers had acted within guidelines but called for a review of the use of tear gas.
It criticised demonstrators for complaining about police brutality while ignoring their own wrongdoing.

 香港警察の監視機関(ウオッチドッグ)は去年の警官らの民主デモへの対処の大部分を免罪とした。
報告では警官らはガイドライン内で行動していたが、催涙弾の使用については見直しを求めると述べてある。
抗議者らが自身の不正行為は無視して警官の蛮行を訴えているとも批評している。

The report has been welcomed by the territory’s leader, Carrie Lam, but the opposition and human rights groups have dismissed it as a whitewash.

The protests started last June against plans to allow extradition to mainland China, but developed into a broader call for political change.

 報告は行政区の指導者であるケリー・ラム氏には歓迎されたが、反対派と人権保護団体からはごまかしだと切り捨てている。
 抗議活動は昨年6月(容疑者を引渡し可能にする)中国大陸への引き渡し条例案に対して開始したが、その後さらに広域の政治改革要求へ発展した。

Clashes between police and activists became increasingly violent, with police firing live bullets and protesters attacking officers and throwing petrol bombs.

The highly-anticipated report by the Independent Police Complaints Council (IPCC) also found no evidence of police collusion with gang members during a 21 July mob attack at a train station in Yuen Long district.

Opposition lawmakers say police inaction allowed criminals to beat up peaceful demonstrators after a rally.

 警官と抗議者たちの衝突は暴力へと拡大し警官は実弾を発砲し抗議者たちは警官を攻撃しガソリン爆弾を投げつけた。
 待望の独立警察苦情委員会(IPCC)の報告は7月21日の元朗の駅での暴徒による攻撃においても、警官とギャングメンバーとの通謀があったという証拠は無いとしている。
 反対派の議員は警察の無行動が、デモ後の平和的参加者らを殴打するという犯罪を許したと言う。

Armed masked men – dressed in white shirts and suspected to be triad gangsters – assaulted pro-democracy protesters and passers-by in the area.

The IPCC did not address allegations of misconduct against individual officers during months of unrest, during which more than 8,000 protestors were arrested.

HK protests: Watchdog says police use of force met international guidelines but has room to improve

武装しマスクをした男、白いシャツの3人組のギャングの容疑者らが抗議者や通行人をそこで襲撃した。
IPCCは8000名以上の抗議者が逮捕された騒動の数か月間における個別の警官らの不正行為容疑については言及していなかった。

In early September, police started using a new tactic – spraying indelible blue dye over the protesters, meaning those who ran away could be identified later
It said accusations of police brutality must not be used as “a weapon of political protest”.

 9月初旬、警察は新たな戦術を使い始めた。青い塗料を抗議者へ吹きつけるのである。それは逃げたとしても後日身元が識別されるということである。それは「政治的抗議では使用すべきではない武器」であり警察の蛮行と非難された。

Responding to the report, pro-democracy protesters and politicians said the IPCC had turned a blind eye, and insisted on an independent inquiry led by judges.

“Those who wrote this report, they simply chose to look the other way,” said pro-democracy legislator Claudia Mo.

 報告によれば、民主派抗議者と政治家はIPCCは目を閉じているので、法廷による独立調査を要求した。
「この報告を書いた人たちは、単純に別の方向を見ることを選択した。」と民主派の議員クラウディア モー氏は語った。

“That’s why we have been adamant about our demand that there has to be a proper, genuine, independent inquiry into all this police brutality that’s been so blatant, so transparent in Hong Kong.”

An international panel of experts resigned from their roles as advisers to the IPCC last year, saying the body did not have the capacity to conduct a proper investigation.

「それゆえ私たちは専門且つ純正の独立した調査を警察の野蛮な行為に実施することを断固として求めているのだ。それは香港ではあまりに明白であまりにはっきりしていることなのだ。」
 昨年IPCCのアドバイザーを辞職した専門家の国際パネルにでは、組織は専門的な調査実施の能力は備えていないと言っている。

But Carrie Lam insisted that the IPCC was capable of conducting an independent investigation, and has rejected calls for an independent enquiry.

 しかしながらケリー・ラム氏はIPCCは独立調査の能力を備えており、独立調査の要請を拒否した。

 以上となります。香港デモ、米中貿易戦争、そして新型コロナウイルスと香港経済は打撃を受けています。これが香港の若者の将来に暗い影を落とし続けないことを切に望みます。

原文

コメント