香港の法令は言論の自由を窒息させる、と人権団体

時事英語

Hong Kong Law Could Stifle Press Freedom, Rights Groups Say

 はい、こんにちは管理人のポチャです。今回も前回同様香港の国家治安維持法問題についてみていきます。今回は2020年5月22日付のVOAニュースの記事となります。

重要英単語

●Stifle
息を止める、窒息させる、息苦しくさせる、(…を)抑える、もみ消す
●stoke
火をたく、燃料をくべる
●infringement
(法規)違反、違背、(特許権・版権などの)侵害、違反の行為

China’s plan to impose national security laws on Hong Kong could have serious implications for civil liberties and press freedom, rights groups say.

Hong Kong’s government on Friday said it would work with Beijing to enact the law, which seeks to ban “secession, subversion or terrorism activities.”

Carrie Lam, Hong Kong’s chief executive, said the plans would not affect rights, freedoms or judicial independence.

Rights groups, however, warned that the law could be used to suppress the media.

US: China’s Security Law Would be ‘Death Knell’ for Hong Kong’s Autonomy

 中国の国家治安法を香港に課するということは市民の自由と言論の自由にとって深刻な意味合いを持つと人権団体は語る。

 香港政府は法令の施行を北京と調整すると金曜日に語った。法令は”扇動、分離若しくはテロ活動”の禁止するものである。

 香港特別行政区行政長官のケリー・ラム氏は計画は人権、自由権若しくは司法の独立に影響は無いと語った。

 しかしながら、人権団体は法令はメディアの抑圧に使用されると警告を鳴らす。

恐る恐る爪先立ちで

‘Tiptoeing’

“Already, journalists are expressing fear that interviewing the wrong person or reporting controversial views could land them in trouble. The result would be an increase in self-censorship,” Steven Butler, head of the Asia program at the Committee to Protect Journalists (CPJ), said.

“Journalists had already been tiptoeing around controversial topics, such as Hong Kong independence,” he said. “The new laws promise to widen the zone of uncertainty about what is permissible and stokes fears that mainland Chinese-style censorship could be on the way.”

Human Rights Watch described the law as “the most severe blow to the rights of people in Hong Kong since the territory’s transfer to China in 1997.”

“Hong Kong people will now have to consider arrests and harsh sentences for protesting, speaking out, running for office and other freedoms they have long enjoyed and struggled peacefully to defend,” Sophie Richardson, the group’s China director, said in a statement.

U.S. government condemns China's proposed new security measures on Hong Kong

 「既に記者たちは誤った人々へのインタビューや物議を醸す見方は面倒なことになる恐れを表明している。結果として自己検閲が増える。」とジャーナリスト保護委員会(CPJ)アジアプログラム責任者のスティーブ・バトラー氏は語る。
 「ジャーナリストたちは既に香港の独立性など物議を醸す話題については恐る恐る爪先立ちで歩くように(報道)している。」と彼は語った。「新法令は何が許されるのかという点について不透明な領域を拡大することを約束しており、中国大陸式の検閲がやってくるのでないかという心配を募らせる。」
 「1997年香港返還以来の人権への最も深刻な一撃だ。」と人権監視団体は法令を表現する。

 「香港人は抗議や口にすること、ビジネスをやる事やその他彼らが長い間享受し守ろうと平和に努力してきたその他の自由権の為に逮捕され厳しい処罰を受けることを考えなければならない。」と団体の中国局長ソフィー・リチャードソン氏は声明で語った。

Commmittee to Protect Journalists(CPJ)

Selina Cheng, a reporter for a Chinese-language news outlet in Hong Kong, told VOA last month that journalism had already become more challenging since mass anti-government protests began last June.

“There’s been a constant infringement on press freedom when it comes to dealing with the police in Hong Kong, especially when it comes to protest coverage,” Cheng said. “It seems like the circle of what people can report on freely has narrowed down.”

China has previously used anti-state accusations to retaliate against critical journalists, CPJ data show.

China plans national security laws for Hong Kong | DW News

 香港の中文新聞の記者セリナ・チョン氏は去年の反政府抗議活動が始まってからジャーナリズムは更に困難になって来ていると昨月VOAへ語った。

「香港で警察について取り扱う時に報道の自由に対する絶え間ない忘我がありました。特に抗議デモについて報道するときです。」とチョン氏は語る。「人々が自由に報道できるものの輪というのはどんどん狭まってきているように思えます。」

記者の看守


Jailer of journalists

The country is the world’s worst jailer of journalists, with 48 behind bars at the time of CPJ’s last prison census.

The country also ranks 177th out of 180 countries, where No. 1 is the most free, according to the World Press Freedom Index by Reporters Without Borders.

Rick Dunham, from the global business journalism program at Tsinghua University, Beijing, described conditions for the press in China as challenging.

“It sometimes is complicated for journalists to report on sensitive stories,” he said last month, citing issues including Taiwan, protests in Hong Kong and the Uighurs as areas that Beijing is particularly sensitive to.

Dunham said that while other countries, such as Mexico, were more dangerous for journalists, “in China, the risk is you lose your freedom.”

Protests reignite in Hong Kong after China enacts national security law

中国は記者が最も最悪の記者の看守であり、最新のCPJの刑務所調査では48名が投獄されています。

また国境無き記者団の世界報道の自由指数、1位が最も自由なのですが、中国は180か国中177位です。

 北京精華大学グローバルビジネスジャーナリズムプログラムのリック・ダンハム氏は中国の報道条件を困難に溢れたなものだと言う。

「敏感な話を報道することはジャーナリストにとって時折複雑なこととなる。」と、台湾、香港の抗議活動そしてウイグルといった北京が特に敏感になっている地域を引用しながら当たった。

 ダンハム氏はメキシコなどもっと危険な国はあるが、「中国でのリスクは自由を失うということだ。」と語った。

 はい、以上となります。尖閣諸島領海侵犯問題、南シナ海問題、そして香港問題と国際社会がコロナ危機で右往左往している間隙を突いて中国が様々な仕掛けをしてきますね。

「外国のことだからあまり自分には関係ない。」という考えもあるかも分かりませんが、国境は変化していくものです。

 中国人民解放軍からは「沖縄は中国の領土だ。」と主張する軍人もいます。ということは、香港、台湾、尖閣諸島の次は沖縄??という非現実的な恐れがいつの日か現実的になってくるかも分かりません。

 現時点から中国の膨張暴走を牽制しておくのが地域安定・国際社会の安定につながるかと思います。

 

コメント