中国が審議する国家治安法が香港の終わりであることは自明の理だ

時事英語

China’s proposed national security law could end Hong Kong as we know it

 はい、こんにちは。今回は2020年5月23日にCNNが掲載した「香港国家治安維持法が香港の終わりだ」という記事を見ていきます。長文ですが頑張って読んでいきましょう;

重要英単語

●prod
(…を)(…で)突く
●dare:思い切って…する
●treason
(君主・国家に対する)反逆(罪)
●sedition
(反政府的な)扇動、治安妨害
●secession
(政党・教会などからの)脱退、分離、(米国で 1860‐61 年の南部 11 州の)連邦脱退
● subversion
破壊、転覆
●fulfill
果たす、満たす、履行する
●promulgated
発布する、 公表する
●swath
(大がまで刈った)ひと刈り分の牧草、ひと刈りの幅、(牧草・麦などの)1 列の刈り跡,特定の地域
●garrulous
(くだらないことを)よくしゃべる、多弁な
●defiant
反抗的な、けんか腰の、傲慢(ごうまん)な
●judiciary
司法
●leeway
(風圧などのため船・航空機の)針路が風下にずれること、(自由な)行動の余地
●sweep
掃除する、掃く、払う、掃きのける、(掃くように)(…を)押し流す、(…を)吹き飛ばす、(…を)(押し流すように)運び去る、吹きまくる、焼き尽くす、荒れ狂う
●apparatus
(特定の目的に用いる一組の)器具、器械、装置、用具、(政治活動などの)機構、組織、(一連の)器官
●specter
幽霊、亡霊、妖怪、お化け、(心に浮かぶ)怖いもの、恐ろしい幻影
●persecution
迫害
●extralegal
法律外の、超法規的な、法の支配を受けない
●dissident
意見を異にする; 反体制の. 反体制者
●on the fly
飛んで、飛行中で、地面に落ちないうちに、(忙しくて)飛び回って、急いで
●uphold
支持する、維持する、確認する
● unimpeded
妨げられ(てい)ない、スムーズな
●remit
送る、送達する、付託する、差し戻す、移送する、免除する、減免する、ゆるめる、軽減する、緩和する。権限
●filibuster
議事妨害する。
●loathe
(…を)ひどく嫌う、 (…が)いやで胸が悪くなる

Hong Kong is known for being a “city of protest,” with people taking to the streets by the hundreds of thousands to hold their government to account.

Long before the Umbrella Movement or last year’s sustained political unrest, this reputation was cemented in 2003, when mass marches against a proposed anti-sedition law known as Article 23 succeeded in forcing the government to shelve the legislation. In the 17 years since, despite promises to do so and much prodding from Beijing, no Hong Kong administration has dared restart this process.

China's proposed national security law could end Hong Kong as we know it
↑↑同一英文の朗読です

 香港は抗議の都市として知られ、何十万もの人々が政府の説明を求めてデモに繰り出す。

 だいぶ前には雨傘運動若しくは昨年の長期化した政治騒動があったが、2003年に条文23条として知られる反治安妨害法に対して多くの人々がデモ行進を行い政府に法令を棚上げさせたときにこの評判は確立した。

それから17年が経つが、やると約束し強く北京から突かれながらも、この工程に取り組もうとした香港政府は無かった。

This week, Beijing’s patience ran out. On the back of more than six months of often violent pro-democracy protests in Hong Kong last year, the National People’s Congress (NPC), China’s rubber-stamp parliament, put forward plans to introduce a national security and anti-sedition law on the city’s behalf, bypassing Hong Kong’s legislature via a rarely used constitutional backdoor.
The details of the proposed law go far beyond what was put forward in 2003. As well as criminalizing “treason, secession, sedition (and) subversion” against the central government, it will also enable Chinese national security organs to operate in the city “to fulfill relevant duties to safeguard national security in accordance with the law.”

Expected to be passed by the NPC later this month and promulgated in Hong Kong soon after, the law will have drastic effects on whole swaths of Hong Kong society, from the city’s garrulous and defiant political sphere to media, education and international business.

今週北京の堪忍袋の緒は切れた。

昨年香港で6か月以上に及ぶ頻繁な暴力的な民主派抗議活動が続いた後、全国人民代表大会(全人代)、中国のめくら判国会であるが、香港に国家治安及び反扇動法を導入する計画を進めていく。

めったに使用しない憲法の裏口であり、香港議会を迂回してである。

 この審議される法令は2003年に進めたものよりも遥か先を行く。

中央政府に対する”反逆、扇動、分離そして転覆”以外に、国家治安機関に”法に基づき国家治安を守るために関係した任務を実行する”ことを可能にする。

 全人にて今月下旬通過する見込みであり、その後すぐ香港で発表されれば、当該法令は劇的な作用を香港社会全体に与える。この都市の多弁で反抗的な政界からメディア、教育そして国際ビジネスにまでである。
 

広域にわたる適応

Broad application

Hong Kong has always prided itself on following the rule of law, with an independent judiciary and civil liberties far beyond what is allowed across the border in mainland China. The type of arbitrary punishment, secret detention and nakedly political prosecution common in the mainland is almost unheard of in the city.

These rights are enshrined within the Basic Law — the city’s de facto constitution — and guaranteed (in theory) by an agreement between China and the United Kingdom when Hong Kong was handed over to Chinese rule in 1997. Hong Kong, unlike China, is also party to international treaties guaranteeing various civil liberties.

The new law challenges all of this. By criminalizing such a broad swath of ill-defined acts, it could give the authorities leeway to go after the city’s opposition as they see fit.
In China, sweeping national security laws have been used to target human rights activists, lawyers, journalists and pro-democracy campaigners. Nobel Peace Prize laureate Liu Xiaobo, who died in 2017 after more than a decade behind bars, was convicted of “inciting subversion of state power.”

Beijing moves to tighten control of HK, could end ‘one country, two systems’ model | THE BIG STORY

 香港は法の支配に従うことをいつも誇りにしており、国境を境にした中国大陸で許されるものよりも遥かに自由な市民権と独立した司法を有する。

 中国大陸では一般的な恣意的な処罰、秘密拘留そしてあからさまな政治的迫害はほとんどこの歳では聞かれない。

 これらの権利はこの都市の実質的な憲法である基本法で定められており、1997年の中国への香港返還時に中国・イギリス間の条約で保証されている。

中国とは違い香港は様々な市民の自由が保障された国際条約の締結国でもある。

 新法令はこれらの全てに対峙する。

広範囲にわたり不明確な手段で有罪にすることができることにより、妥当と考えた時に、東京に反対派を追い回す余地を与える。

 中国では国家治安法を持ち出してくるというのは、人権活動家、弁護士、記者そして民主主義活動家を標的にした時だ。

 投獄十年以上経った2017年に死んだノーベル平和賞受賞者の劉暁波氏は”国家権力の転覆を扇動した”ことで有罪となった。

Permitting China’s security apparatus to operate in the city also raises the specter of extralegal persecution. Dissidents and activists in China are often disappeared by the authorities or threatened with arrest around sensitive events, and many journalists and lawyers are dragged in to “take tea” with the security services, during which they receive thinly-veiled threats about the potential consequences of their work.

Speaking at a news conference called by opposition lawmakers on Friday, Democratic Party legislator Helena Wong said that even the local government “will not be able to regulate what the agents do in Hong Kong.”
Her colleague Claudia Mo told CNN that the news was proof that Beijing “will do anything to rein in Hong Kong at any cost.”
“It’s clear Beijing couldn’t care less anymore what people think,” she added.
Implementation of the law in Hong Kong could also prove to be a nightmare for the city’s courts — which operate separately to the Chinese legal system and free of the political pressures put on mainland judges.

中国治安機関にこの都市での活動を許可するということは超法規的な迫害の恐れを連想させる。

中国国内で反体制者や活動家が当局によりしばしば行方不明になったり、敏感な問題で脅されたりする。

また多くの記者や弁護士が情報機関と「お茶を飲みに」連れていかれたりする。彼らは仕事の潜在的な成り行きについて薄いベールに覆われた脅しを受けるのである。

 金曜日の反対派議員たちの呼びかけによる記者会見にて、民主党議員のヘレナ・ウオン氏は”香港政府でさえ情報機関が香港で何をやるか規制することはできない”と語った。

 彼女の同僚のクラウディア・モー氏はCNNにニュースは、北京が香港を支配するためにどんな対価を払ってでも何でもやるという証明だと語った。

「もうこれ以上人々が何を考えているか関知しないことはできないということが明らかになった」と付け加えた。

 法令の香港での施行はまたこの街の法廷にとって悪夢となるだろう。

それは中国法制とは別々に機能しており、中国大陸の裁判では受ける政治的圧力から自由なのだ。

This does not mean the law is at much risk of being overturned, however. The NPC is the court of final appeal in Hong Kong and can issue an “interpretation” of any constitutional issue, essentially rewriting the Basic Law on the fly.
But the confusion and uncertainty the new rules may create, and a potential prolonged fight in the courts, could pose a major blow to the city’s reputation for upholding the rule of law, which has long been seen as vital for Hong Kong’s position as an international finance and business hub.

China's New Security Law for Hong Kong

 しかしながらこれは法令がひっくり返されるということを意味するのではない。

全人代は香港の最高裁判所であり、あらゆる憲法問題に解釈を行うことができ、その場で基本法を書き換えることができる。

 しかし新法令が生み出す混乱と不安定、そして法廷での長引く戦いは法の支配を維持してきたこの歳の評判へ強烈な一撃を与える。

それは国際金融とビジネスハブとしての香港の位置づけの原動力とみなされてきたものだ。

肌寒くなる効果

Chilling effect

Unlike the proposed extradition bill that kicked off last year’s unrest, the scope and effects of the anti-sedition law could be broad and society-wide. A major chilling effect can be expected on the city’s media and political spheres — journalist groups have long warned of increasing self-censorship as pressure from Beijing has increased and newspapers and television stations came under the control of Chinese owners.
The fate of the city’s large international press corps is unclear. At present, foreign journalists are free to work in Hong Kong unimpeded by the type of visa and other restrictions imposed on colleagues in China, but ahead of the new law there were already indications that this was coming to a close. New controls on reporting in Hong Kong could see many media organizations relocate from the city, traditionally a base for reporting on the wider Asia region.

 昨年の騒動を引き起こした”引き渡し条例”審議とは違い、半扇動法の範囲と効果は広範囲で社会全域にわたってくる。主の肌寒くなる影響はこの歳のメディアと政界に出てくる。

記者団は北京からの圧力が増加しており、自己検閲が多くなっていると長い間警告していた。

そして新聞やテレビ局は中国オーナーの管理下になった。

 この都市の多きあ国際記者グループの運命は不明だ。

現時点ではビザの種類や中国の同僚たちが課せられている其の他の制限は無く、香港で記者たちは自由に働ける。

しかし新法令を前に、これらが終わりに近づいている兆候が見られる。

香港での新しい報道規制は多くのメディア機関をこの都市から移転させていく。

伝統的に広大なアジア地域報道の基地からである。

A crackdown on the city’s legislature, where pro-democracy lawmakers hold around a third of seats, could also be a result. In recent years, lawmakers have been expelled from the body and some candidates have been barred from standing on political grounds. The new law could give Hong Kong authorities a broader remit to remove obstructive lawmakers from their positions or even prosecute them for blocking key legislation, particularly on national security grounds.
The effects of the proposed change will likely be felt outside the city too. US Senators are due to issue an assessment under the Hong Kong Democracy and Human Rights Act (HKDA) on whether the city remains sufficiently autonomous from China to justify its special trading status. It’s difficult to see how Beijing bypassing Hong Kong’s parliament and legislating on its behalf won’t shape this decision.

Late Thursday, several US lawmakers promised to impose sanctions against Chinese and Hong Kong officials responsible for imposing the law, which they described as a “gross violation” of China’s agreement with the UK to preserve the city’s freedoms when it assumed sovereignty in 1997.
Beijing may be counting on the fact that the coronavirus pandemic has weakened the ability and determination of the international community to pressure it over Hong Kong — the UK in particular, newly outside of the European Union, is dependent on increased trade with China to boost its flagging economy.

 民主派議員が3分の1を占めている市議会への弾圧も結果としてあるだろう。

ここ数年、議員たちが議会から追放されたり、ある候補者は政界に立つことを禁止された。

新法令は香港当局に妨害的な議員を職務から排除する、若しくは、特に国家治安の分野において立法を妨害するという名目で迫害する権限を与える。

 審議される変化の効果は香港だけで感じ取られているのではないようだ。

米国上院議員たちは香港民主主義及び人権法(HKDA)に基づきこの都市が特別な貿易環境を正当化するほど中国から十分な自治権を残しているか分析を発行する予定だ。

それは北京が香港議会を迂回し立法化していることがこの判断材料にならないというのは考えにくい。

 木曜日遅く、数名の米国議員はこの法令実施責任がある中国と香港の当局者達に対して制裁を科すことを約束した。

彼らは中国が実権を握った1997年に中英間で締結された香港の自由を保護する条約への”多大なる違反だ”と述べている。

 北京はコロナウイルス大流行により国際社会が香港についての圧力をかけてくる能力も決断力も弱体化していると見込んでいるのだろう。

特にイギリスがである。脱欧したばかりで、弱った経済を活性化するために対中貿易拡大に頼っているからだ。

With the new rules being imposed from on high, leap-frogging Hong Kong’s legislature, it is unclear what protesters or opposition lawmakers can do to prevent them becoming law. Legislators succeeded in filibustering a proposed law criminalizing any insult of China’s national anthem for years, while protesters physically blocked the parliament last year and prevented further discussion of the loathed extradition bill. Neither tactic would work against the new national security law.
The timing, coming as coronavirus restrictions are still in place in Hong Kong, which is only just getting its domestic epidemic fully under control, could mean that people are less willing to join mass protests than they were last year.
Nevertheless, amid widespread despair late Thursday night, Nathan Law, a former lawmaker and leader of the 2014 protests, called on people not to give up entirely: “At this time last year, didn’t we all think the extradition law would definitely be passed? Hong Kong people can always create miracles.”

China's proposed national security laws show they 'cannot be taken at their word'

 香港議会を飛び越えて高所から新法令が実施される中、抗議者や反対派議員たちが法令制定夷阻止のために何が出来るか不透明だ。

抗議者たちが物理的に議会を昨年封鎖し嫌悪する引き渡し条例の議論を阻止した時に、議員たちはここ数年中国国歌への侮辱の有罪化議案を議事妨害することに成功してきた。

どちらの戦略も新国家治安法では機能しないだろう。

 コロナ規制がまだ香港で有効であるこのタイミング、ちょうど地域の流行が全面的に管理可能になり始めたばかりのこのタイミング出してきたことは、人々は昨年ほどは大規模抗議デモへ参加する気は無いことを意味している。

いずれにせよ木曜夜遅く広がった絶望の中で、元議員そして2014年のデモの指導者だったネーザン・ラウ氏は絶対あきらめるなと人々に呼び掛けた。

「去年のこの時期に、僕たちは引き渡し条例が確実に採択されると思っていただろう?香港人は何時でも奇跡を生み出すんだ。」

 最後が良いですね。香港頑張れ!

原文 

コメント