ダンボの耳を備えた世界最深のタコが4マイル(6,436m)の海底で撮影される

時事英語

World’s deepest octopus, complete with Dumbo ears, captured on film 4 miles below the surface

 はい、こんにちは管理人のポチャです。今回は2020年5月29日にCNNに掲載された「ダンボ・オクトパス」についてです。象のように大きいタコなのでしょうか??見ていきましょう。

重要英単語

●autonomous
自治権のある、自主的な

●grimpoteuthis
ジュウモンジダコ属
●expedition
遠征、(探検・学術研究など一定の目的をもつ)旅行、探検旅行、遠征隊、探検隊、急速、迅速
●umbrella octopus
メンダコ
●resemble
(…に)似ている
●make out to be
仕立て上げる、〈人が〉〈…だと〉もっともらしく言う[見せる]、うそぶく
●attachment
取り付け、付着、付属物、愛着、愛情、差し押さえ、差し押さえ令状

●crustacean
甲殻類の動物 《カニ・エビなど》.

The deepest known sighting of an octopus has been captured on film, more than a mile deeper than the previous reliable sighting.

The observations of the creature, captured at almost 4.3 miles down in the Indian Ocean using lander machines — autonomous camera systems that are released from a ship and sink to the bottom of the ocean — are thought to be the deepest octopus sightings ever filmed.
Researchers believe the creature is likely to be a new species of Grimpoteuthis, or “Dumbo octopus,” a genus of deep-sea umbrella octopuses named for their fins, which resemble the ears of Disney’s cartoon elephant.

World's deepest octopus captured on film 4 miles below ocean's surface

 過去の信頼できる発見から更に1マイル(1,609m)以上も深いところで、知られている中で最深のタコの様子がフィルムに収められた。

 船から海底へ沈められた自動カメラシステムである海底探査機にてその生物の観測はインド洋で4.3マイル(約6,918m)もの深さで撮影された。それは今までさ何時営された最深のタコの様子である。


科学者はそれはジュウモンジダコ属の新種若しくはれはディズニーアニメの象の耳に似ているひれを有した深海のメンダコ属「ダンボ・オクトパス」と考えている。

Over the course of a year and a half, as part of the Five Deeps Expedition, scientists visited the world’s deepest places.
Marine ecologist Alan Jamieson, who led the team that made the discovery, told CNN that having completed more than 100 dives, the team had an idea of what types of wildlife, including fish and crustaceans, they would observe on the sea bed — but they were shocked when they spotted the octopus.
During the dive last April, he said, “as usual, we filmed much of the same stuff, but then suddenly in the middle of a dive about close to 6,000 meters this Dumbo octopus just flies by the camera.”


1年半かけた五つの深海の探検の一つとして、科学者たちは世界で最も深い場所を訪れたのであった。


探検隊を率いる海洋科学者アラン・ ジェイミソン氏は、既に100回以上の潜水を行っており、海底で観察するであろ魚や甲殻類といったモノも含む野生生物がどのようなものであるかという考えはあったが、タコを見た時には衝撃を受けた。


昨年4月の潜水の時に「通常私たちは同様のモノを撮影します。しかしこのダンボ・オクトパスは潜水して6000mに近づいた時に突然カメラの前に飛び出たのです。」


“Then two days later, we’re doing it slightly deeper, at 7,000 meters, and the camera’s only on the sea floor for four minutes. And this thing just comes out of the darkness, which just crawled up to the cameras — another Dumbo octopus,” Jamieson, CEO of deep sea exploration company Armatus Oceanic, told CNN.
Experts observed the animals — which were 17 and 14 inches long, at 5,760 and 6,957 meters deep (3.6 to 4.3 miles deep) in the ocean — as they “hopped” from place to place on the seabed, and reported the new findings in the science journal Marine Biology.
Jamieson said the new depth extended the deepest reliable record of the octopus, giving us an insight into what the creatures get up to deep on the ocean floor.

「2日後、私たちはもう少し深いところ、7000mまで行きました。そしてカメラは4分間ただ海底を移すだけでした。そしてあるものが暗闇から出てきたのです。それはカメラに向かって泳いできたのです。別のダンボオクトパスがです。」と深海探検会社アーマツス・オーシャニックのCEOジェイミソン氏はCNNに語った。

 探検家たちはその生物を観察した。それは長さ17~14インチ(約48~37cm)であり、6,957mの海底にいた。彼らは海底で”飛び跳ねて”いた。その発見を科学雑誌”マリン・バイオロジー”に報告した。

 タコの信頼できる深さの記録が伸びたということは、私たちに海洋の海底でどのような生物が生息しているか私たちに洞察を与える。


“It shows that are still surprises to be made with big animals. Quite often you hear about new species and they tend to be tiny worms and small crustaceans,” he said, adding: “This is a great big octopus.”
Jamieson told CNN that he hoped the discovery would challenge people’s perceptions of deep sea creatures, which are often thought of as scary and strange monsters.
“I like the fact that it challenges people’s perceptions about what deep sea animals look like,” he said.
“This is just a cute little octopus doing what octopuses do. There’s nothing particularly weird about it. So hopefully, people might feel a greater attachment to the really deep waters as opposed to the scary, horrible, weird environment that it’s made out to be,” he said.

「まだ大きな生物がいるとは驚きです。大抵は新種というと非常に小さい虫であったり小さな甲殻類であったりするのですから。」と彼は語った。そしてこう付け加えた「これは巨大ダコです。」

 ジェイミソン氏はこの発見が人々の深海の生物認識に挑戦することを期待するとCNNに語った。それは通常恐ろして奇妙な怪物と考えられている。
「これが人々の深海の生物がどのようなものであるかという認識に挑戦するという事実が好きです。」と彼は語った。

「これは(一般の)タコと同様に可愛い小さなタコなだけです。何も格別気味の悪いものではありません。もしかしたら、人々は恐ろしくぞっとするような気味の悪いというでっちあげられた世界とは反対にもっといっぱいの愛情を現実の深海へ抱くようになるかも分かりません。」と彼は語った。

 はい、以上となります。巨大たこではなかったのですね。深海というとジョーズのようなサメが出てくるイメージがあるの管理人だけでしょうか?

原文

コメント