米国が日本へ中国制裁するように要請?!

時事英語

はい、こんにちは、管理人のポチャです。この記事をポチャが書いているのは5月6日ゴールデンウイーク最終日です。日本は外出自粛で今までになかったゴールデンウイークを皆さん過ごしています。

 この先どのようになるのか不安が社会に充満しています。その中米国が世界情勢を更に不安定化させる動きを取ろうとしています。同盟国へ中国へのコロナウイルス制裁をしろというのです。

同盟国ということは当然ながら日本も含まれます。実際にどのような動き・状況なのでしょうか?皆さんと一緒に見ていきましょう。

重要英単語

shamble:よろよろ歩く
shambles:畜殺場、流血の場面、修羅の巷(ちまた)、大混乱(の跡、場面)
stem:〔+from+(代)名〕〔…から〕生じる,起こる,由来する.
wary:用心深い、慎重な、油断のない、(…に)注意深くて、油断なく
ratchet:爪車。爪車をかける。 ※爪車:周囲がのこぎり状の歯車。
retaliatory ;報復的な
sovereign immunity:主権免除。※国際民事訴訟において、被告が国または下部の行政組織の場合、外国の裁判権から免除されるというもの。
concerted: 協定された、申し合わせた、合唱用に編曲された
bash:ぶん殴る、強く打つ、(…で)殴りつける、いやというほどたたく、打ち壊す、(…を)たたいてめり込ませる、(…を)非難する
ramp up:強める。強化する
bolster:〈(一本立ちできない)主義・組織などを〉支持する
the state of department:(米国の)国務省 《他国の外務省に当たる》.
put out:〈明かり・火を〉消す; 〈視力を〉失わせる
put together:まとめる、寄せ集める、合計する、考え合わせる、(…を)組み立てる、構成する、(…を)一緒にする、結合する
reference:(動詞の場合)参照する。言及する。
Updated May 5, 2020

同盟国への圧力

Trump officials try to enlist foreign allies in pressure campaign against China over coronavirus response

トランプ政府はコロナウイルスの対応を巡って中国に対し圧力をかけるように同盟国へ求めようとしている

With the general election just six months away, and the global economy in shambles because of the coronavirus, there is increasing urgency inside the White House and among President Donald Trump’s Republican allies to blame China over its failure to stem the spread of the disease early on.

 

 大統領選まで残り6か月となった中、コロナウイルスの為世界経済はよろめいています。そしてホワイトハウスとドナルド・トランプ大統領の共和党の間ではこの疫病拡大の早期防止に失敗した中国を制裁しようという動きが広がっています。

Now, there’s an effort underway to enlist foreign allies to do the same.

 いま、同様の動きを同盟国へ求めるようとする動きが進んでいます。

→来ましたね、米国大統領選挙の為に諸外国が煽りを受けるのは理不尽です。ただ日本としては中国の極端な台頭は防いでおきたい、じゃないといつの日か日本も一党独裁の恐怖政治の時代が再来します。悩ましいですね。

In recent weeks, Trump, along with several administration officials including Secretary of State Mike Pompeo and White House economic adviser Larry Kudlow, have spoken to dozens of foreign allies about ways to collectively address what the White House says was China’s intentional effort to conceal the severity of the outbreak, according to two people with knowledge of the discussions.

ここ数週間、トランプ大統領はマイク・ポンペィオ国務長官とラリー・クルド―ホワイトハウス経済顧問を含む数名の官僚の同行の下、10数か国の同盟国と会話しています。その会話を知る二人の人々によれば、ホワイトハウスが言うところの中国が意図して疫病勃発の深刻さを隠蔽した動きに対して集団で対処しようというものです。

→確かに。春節まで人類最大の民族大動が始まるのに直前まで何もしていなかった。

The President himself has scaled up his conversations with foreign counterparts over the past three weeks, and has raised China with dozens of foreign leaders, one person familiar with those conversations said. While many traditional US allies remain wary of ratcheting up tensions with China, in speaking with Trump, some European leaders have expressed concern at how China handled the crisis, according to the person.

 大統領自身は過去3週間外国諸国に対して会話を広めてきており、その会話に詳しい一人によれば、10数か国の外国首脳と中国を話題に挙げています。その人によれば、多数の保守的な同盟国たちは中国との緊張に拍車をかけることへの懸念を示すことにとどめていましたが、あるヨーロッパの指導者たちはどのように中国がこの危機に対処したのか心配を示していたとのことです。

Among the retaliatory options being discussed inside the White House are imposing additional tariffs on Chinese products, stripping China of its sovereign immunity, and cracking down further on Chinese telecommunication companies, the people said. Officials emphasized that there is no imminent action expected.

 関係者によればホワイトハウスは追加の関税を中国産品に課すこと、中国の主権免除を剥奪すること、そして中合区の通信会社を厳罰に処する等の報復処置が会話されているとのことです。官僚は差し迫っての行動は無いだろうと強調しています。

ジャレッド・クシュナー最高顧問が背後に

Among those pushing the President to take a harder line is Jared Kushner, Trump’s top adviser and son-in-law. According to three people familiar with his thinking, Kushner believes that one way to energize the President’s political base is by blasting China over its failure to stem the spread of the disease early on.
“The more you put this on China, the less you can say that we were slow on mobilizing,” one person close to the White House said.

 大統領をさらに強硬姿勢に立たせようとしているのはトランプ大統領の最高顧問であり娘婿であるジャレッド・クシュナー氏です。彼の考え方に詳しい3名の関係者によれば、彼は早期に疫病拡大の根を断つ事が出来なかった中国を非難攻撃することが、大統領の政治基盤を強固にする一筋の道だと信じています。「中国を引き合いに出せば出すほど、自分らが動きが遅かったと言わなくて済むからね。」とホワイトハウスに詳しい関係者の一人は言います。

穏健派のスティーブン・ムニューシン財務長官まで同調し始めている

Treasury Secretary Steven Mnuchin, who is known to advocate for closer economic ties with Beijing and is viewed as far less hawkish than some of the President’s top China advisers, has “started to come around” on taking a tougher stance on China, according to two people familiar with his views. These people caution however that Mnuchin remains reluctant to take any actions that might damage the initial Phase One trade deal the Trump administration agreed to with China last year.

北京と緊密な経済関係を主張することで知られるスティーブン・ムニューシン財務省長官は大統領の中国最高顧問らのようにそれほどタカ派ではありません。その彼が中国に対して強硬的な態度をやっと取り始めました。ただこれらの関係者はいかなる行動もとることに消極的です。それはトランプ政府が昨年中国と合意した第一段階の合意を損ねかねないからです。

貿易合意は守られていない

Sources who spoke to CNN added that there has been a concerted effort to isolate trade discussions from the current political tensions so as not to damage the work that’s been done. Even in private, administration officials have been careful not to bash China for non-performance on agriculture purchases, which observers say is nowhere near the peak commitment levels they had agreed to, particularly where soybeans are concerned.

 CNNに語った情報筋は、これまで行ってきた作業を損なわないため、貿易の議論は現在の政治的緊張とは切り離そうとする一連の動きがあると付け加えました。プライベートな場においてでさえ、政府職員は農作物購入未達成について
中国を非難しないように注意しています。それはトップレベルで合意したものとは程遠い、特に大豆に関連する面ではだ、とオブザーバーは言います。

China has taken some action with regard to their trade deal commitments on intellectual property, but overall it has been an uneven record on Phase One, these people said, adding that neither side has even broached the subject of Phase Two trade talks.

 中国は知的財産においての貿易合意については何らかの行動をとっていますが、全体としては第一段階の記録とは合っていませんと関係者は言います。また両者とも第二段階の貿易戦争の議題へと口火を切っていません。

国家関係と個人関係を使い分けるトランプ大統領

Trump still wary of Xi

トランプは習に対してまだ慎重だ

While Trump has ramped up his rhetoric against China recently, he has been careful not to criticize Chinese President Xi Jinping directly, as he is wary of damaging a personal relationship.

 トランプ大統領は最近中国に対して口調を強めているが、直接習近平主席を非難しないように注意しています。それは個人的関係を損なうことを心配しているからです。

In conversations with several hawkish Senate Republicans who have encouraged Trump to turn his rhetoric on China into action, Trump has at times wavered, one Senate GOP source said.
“He still has a soft spot for Xi,” the source said.

 トランプ大統領に中国への口先介入を行動へ移すように勧めているタカ派の共和党の数名との会話の中で、トランプ大統領は時々消極的になる、と政府の上院議員は語りました。「彼はまだ習に対して弱いんだよ。」とのことです。

A source close to the White House put it another way: “He’s scared s***less. Xi scares him.”

 ホワイトハウスに近い他の情報筋は別の表現でこのように言いました。「彼は’’’’’’’を怖がっている。習は彼を怖がっている。」

Just as at other turns in his trade war with China, some of Trump’s business friends have warned him that taking action against China could hurt the US stock market, two sources close to the White House told CNN.

ホワイトハウスに近い情報筋がCNNへ語ったところによると、彼の中国との貿易戦争の別の面では、中国に対して行動をとれば米国株市場を傷つけるとトランプ大統領の友人の数名は大統領に話しています。

中国を攻撃すれば選挙に勝つ?!

Still, there are reasons it might make sense politically for Trump to target China. A Pew Research poll last month showed that two-thirds of Americans have an unfavorable view of China. That data was bolstered by internal polling conducted by the Republican National Committee that showed similarly negative views on China among voters in several key battleground states, a source familiar with the polling said.

 まだトランプ大統領にとって中国を標的にすることが政治的に理にかなっている理由がいくつかあります。ピューリサーチ
の先月の世論調査では対中嫌悪感を持っているアメリカ人は3分の2であることを示しています。このような数値は共和党国家委員会が実施した内部世論調査もこの数値を指示しています。それはいくつかの激しい選挙区であるいくつかの州においても同じく対中嫌悪感が投票者に見られると世論調査に詳しい情報筋は言います。

The White House and Treasury Department didn’t immediately respond to a request for comment. The State Department declined to comment.
On Sunday, Trump publicly acknowledged that he believes the outbreak, while covered up by China, was the result of a “mistake.”

 ホワイトハウスと財務省はすぐにはコメントの問いかけに応えませんでした。国務省はコメントを控えました。日曜日にトランプ大統領は中国では隠蔽されていたが、疫病勃発は「過ち」の結果だと信じていると公の場で認識を示しました。

“My opinion is they made a mistake. They tried to cover it, they tried to put it out. It’s like a fire,” Trump said in an interview with Fox News. “You know, it’s really like trying to put out a fire. They couldn’t put out the fire.”
The President added that his administration was putting together a report on the outbreak that will be “very conclusive.”

 「彼らは間違いを犯したというのが私の意見だね。彼らは隠そうとした、もみ消そうとしたんだ。火のようにね。」とフォックスニュースとのインタビューでトランプ大統領は語った。「知っているかい、本当に火消をやろうとしたんだよ。(が)彼らは消せなかった。」
 大統領は,現在政府は「非常に包括的な」疫病勃発の報告書をまとめているところだと付け加えました。

Trump referenced the contentious relationship between the two nations last Thursday, when he told reporters at the White House that China does not want to see him get reelected because the US is “getting billions” from the country thanks to their trade deal, a comment that fails to address the negative impact the trade deal has had on farmers and the broader US economy due to higher tariffs.

 先週木曜日トランプ大統領は議論になっている2国間関係について言及しました。彼はホワイトハウスにてレポーターたちに、中国は彼に再選してもらいたくない、なぜかと言うと貿易合によりその国からアメリカは「何百万も」獲得しようとしているからだと話しました。そのコメントでは貿易合意が高関税の為に農民や広い範囲にわたって米国経済への負担を発生させている点には触れませんでした。

When asked if China’s withholding information about the coronavirus was related to undermining his reelection, Trump said that “China would like to see sleepy Joe Biden — they would take this country for a ride like you’ve never seen before.”

 中国がコロナウイルスの情報を隠していたことは彼の再選を密かに傷つけていたかと聞かれたときに、「中国は居眠りジョーバイデンに会いたいんだよ。彼らはね君らが今まで見たことが無いくらいにこの国に乗っかかろうとしているんだよ。」とトランプ大統領は答えました。

国家情報局の声明

Last week, in a highly unusual move, the Office of the Director of National Intelligence released a statement saying that the US is trying to determine whether coronavirus may have escaped from a laboratory in the city of Wuhan.

 先週国家情報局は、非常に異常な動きの中で、米国は武漢市の研究所からコロナウイルスが流出したかどうか判断する声明を発表した。 

The statement said that the intelligence agencies agree, with broad scientific consensus, that Covid-19 was not manmade or genetically modified. It added that it would continue to evaluate emerging information and intelligence to determine whether the outbreak began through contact with infected animals or if it was the result of an accident at the lab in Wuhan.

 その声明は、広域にわたる科学的総意において、新型コロナウイルスは人口でも遺伝子組み換えでもないことに賛成しています。また引き続き発生してくる情報を分析し疫病勃発が感染動物との接触から始まったのか、若しくは武漢の研究所の事故の結果であるのか判断していくと付け加えています。

Pompeo offered a bit more of a definitive assessment on Sunday, telling ABC News that there is “enormous evidence” that coronavirus originated in a laboratory, while agreeing with the intelligence community’s assessment that it doesn’t appear to have been manmade or genetically modified.

 ポンペィオ長官は日曜日にもう少し決定的な評価を要請しました。ABCニュースに語るには、情報機関コミュニティのそれらは人工もしくは遺伝子を組み替えたモノには見えないという評価には賛同するけれども、コロナウイルスが研究所を発祥としている数々の証拠が存在すると、とのことです。

 はい、以上となります。いや~どの主張が正しいのか分からなくなりますね。中国では逆に新型コロナウイルスはアメリカが武漢に持ち込んだという説がまことしやかに語られています。いずれにせよ、報道やSNSに流れていることを鵜呑みにするのではなく複数の情報を得ながら自分自身で理解分析していくことが大切ですね。

ニュース原文

コメント