コロナウイスル免疫:コロナに二度感染することがあるか?

時事英語


Coronavirus immunity: Can you catch it twice?

はい皆さんこんにちは、管理人のポチャです。今日はBBCで掲載された「コロナは二度感染するか?」という記事を皆さんと一緒に見ていきます。

重要英単語

leap:跳ぶ、はねる、跳躍する、踊る、躍動する
immunity: 免疫(性)、免疫質、免除、特典
measles:はしか
bout:(ボクシングなどの)ひと勝負、ひと仕事、(病気の)発している間、発作
syncytial :合胞体の、シンシチウムの
clue :手がかり、糸口
Severe Acute Respiratory Syndrome(SARS);重症急性呼吸器症候群
Middle East Respiratory Syndrome:中東呼吸器症候群
deliberately:慎重に、故意に、計画的に、わざと、ゆっくりと
rhesus macaque monkey:アカゲザル
valuable:高価な、貴重な、大切な、貴重で、
Neutralise: 中和する
cellular immunity:細胞性免疫
immunisation: 免疫化、免疫

Can you catch coronavirus again? Why are some people sicker than others? Will it come back every winter? Will a vaccine work? Could immunity passports get some of us back to work? How do we manage the virus in the long-term?

The immune system is at the heart of some of the most important questions about the coronavirus.

The problem is we know very little.

 コロナに二度感染するの?なぜ人によっては他人よりひどくなるの?

毎年冬にやってくるの?ワクチンは効くの?

免疫というパスポートは私たちを仕事復帰させてくれるの?

中期的にはウイルスをコントロールできるようになるの?

 免疫システムはコロナに関する重要な質問の焦点だ。

 そして私たちはほとんど知らない。

どうしたらコロナ免疫を持つようになるのか?


How do you become immune to coronavirus?

Our immune system is the body’s defence against infection and it comes in two parts.

The first is always ready to go and leaps into action as soon as any foreign invader is detected in the body. It is known as the innate immune response and includes the release of chemicals that cause inflammation and white blood cells that can destroy infected cells.

Can You Get The Coronavirus Twice?

 私たちの免疫システムは感染に対する身体の防御であり、
二通りある。

 一つ目は何時も待機していて外部の侵入者が身体へ

入ってきたらすぐ反応する。


 それは「自然免疫」としてしられ、炎症を引き起こす
化学物質の放出や病原体を破壊する発血球も含まれている。

But this system is not specific to coronavirus. It will not learn and it will not give you immunity to the coronavirus.

Instead you need the adaptive immune response. This includes cells that produce targeted antibodies that can stick to the virus in order to stop it and T cells that can attack just the cells infected with the virus, called the cellular response.

This takes time – studies suggest it takes around 10 days to start making antibodies that can target the coronavirus and the sickest patients develop the strongest immune response.

 ただこのシステムはコロナに対して特定ではない。
それは学習しないし、コロナへの免疫にもならない。

 そのかわり適応免疫応答(獲得免疫)が必要だ。

これはウイルスに結合し動きを止めるふさわしい抗体を

分泌する細胞や、ウイルス感染した細胞を攻撃するだけの

T細胞も含まれ、細胞反応と呼ばれる。

 それには時間がかかる。

コロナウイルスを標的にした抗体をつくり重度の患者が

最も強い免疫応答を得られるまで約10日かかると

研究は示している。

If the adaptive immune response is powerful enough, then it could leave a lasting memory of the infection that will give protection in the future.

It is not known if people who have only mild symptoms, or none at all, will develop a sufficient adaptive immune response.

 もし適応免疫応答が十分に力ががあれば、感染の
記憶が持続し、将来にわたって防御となるだろう。

 軽症状若しくは無症状の人々が十分な適応免疫
応答を産生できるかはわかっていない。

どれくらい免疫は継続するのか?


How long does immunity last?

The immune system’s memory is rather like our own – it remembers some infections clearly, but has a habit of forgetting others.

Measles is highly memorable – one bout should give life-long immunity (as the weakened version in the MMR vaccine does). However, there are many others that are pretty forgettable. Children can get RSV (respiratory syncytial virus) multiple times in the same winter.

Can you get coronavirus twice?

 免疫免疫システムの記憶は私たち自身と似ている。

ある感染はきちんと覚えているが、あるものは忘れて
しまうという習性がある。

 はしかは非常に記憶しやすい。一回で終生にわたる
免疫を得る(MMRワクチンの弱められたバージョンが
するように)。

 しかしながら、ほかには多々いとも簡単に
忘れてしまうものがある。子供たちはひと冬にRSV
(呼吸器合抱体ウイルス)に何度もかかることがある。

The new coronavirus, called Sars-CoV-2, has not been around long enough to know how long immunity lasts, but there are six other human coronaviruses that can give a clue.

Four produce the symptoms of the common cold and immunity is short-lived. Studies showed some patients could be re-infected within a year.

But the common cold is generally mild. There are two more troublesome coronaviruses – the ones that cause Severe Acute Respiratory Syndrome (Sars) and Middle East Respiratory Syndrome (Mers) – in which antibodies have been detected a few years later.

 Sars-CoV-2と呼ばれるコロナウイルスはどれくらい
免疫が継続するのかまだ十分な時間が経過していない。


ただ他の6つのヒトのコロナウイルスが手掛かりを
与えてくれる。

 4つは一般的な風邪の症状を生み出し免疫は短命だ。
 ある患者はひと冬に再感染すると研究は示している。

 しかし普通の風邪は一般的に穏やかだ。厄介な
コロナウイルスが二つある。

 ひとつは 重症急性呼吸器症候群(Sars)であり、

(もうひとつは)中東呼吸器症候群(Mers)であり、

抗体は数年後に検出された。

“The question is not whether you become immune, it’s how long for,” said Paul Hunter, a professor in medicine at the University of East Anglia.

He added: “It almost certainly will not last for life.

“Based on antibody studies in Sars it is possible that immunity will only last about one to two years, though this is not yet known for certain.”

However, even if you are not completely immune it is possible a second infection would not be as severe.

Can I get coronavirus twice? What happens to your body when you have recovered from Covid-19

「問題は免疫(体質)になるかではなく、どれくらい継続するかだ。」
とイースト・アングリア大学の医学教授であるポール・ハンター教授は
語る。

「一生はとても続かないことは確かだ。」と付け加えた。

「SARSの抗体研究によれば、1,2年しか免疫は
継続しない、これも確かではないが。」

 しかしながら全く免疫が出来上がってなくても、2度目の
感染は、可能性としてはそれほど重度ではない。

2度感染するのか?

Have people caught it twice?

There have been reports of people appearing to have multiple coronavirus infections in a short space of time.

Some have argued people are genuinely being infected twice. Another school of thought is the virus goes into stealth mode in the body before being reactivated.

However, the scientific consensus is that testing is the issue with patients being incorrectly told they were free of the virus.

 短期間にコロナウイルスに複数回感染した人々がいるという
報告がある。

 純粋に2度感染したという人もいる。ほかの大学では
再発する前にウイルスはステルスモードとなり、
体内に潜んでいたのだと考えている。

 しかしながら、科学的同一認識は、テストウイルスから
無感染だと患者が言われることが課題ということだ。

Nobody has been deliberately reinfected with the virus to test immunity, but a pair of rhesus macaque monkeys have.

They were infected twice, once to build up an immune response and then a second time three weeks later. Those very limited experiments showed they did not develop symptoms again after such a quick reinfection.


誰も免疫力を確かめるために故意に再感染したことはないが、
2匹のアカゲザルはある。

 二匹は二度感染した。免疫応答を創り上げてから3週間後が
二度目の感染だった。これらの限られた実験が示す限りでは、
このような短期の再発では症状は出ていないということだ。

抗体を持ったら免疫力がついたのか?

If I have antibodies am I immune?

This is not guaranteed and that is why the World Health Organization is nervous about countries using immunity passports as a way out of lockdown.

The idea is if you pass the antibody test then you are safe to go back to work. This would be particularly valuable for staff in care homes or hospitals who come into contact with those at risk of developing severe symptoms.

But while you will find some antibodies in nearly every patient, not all are equal. Neutralising antibodies are the ones that stick to the coronavirus and are able to stop it infecting other cells. A study of 175 recovered patients in China showed 30% had very low levels of these neutralising antibodies.

 これには保証が無く、それゆえ世界保険機関(WHO)は
ロックダウンの出口として各国の免疫パスポート使用に神経を
尖らしている。

 その考えはもし抗体テストを通過すれば職場復帰しても
安全ということだ。これは重症状を発生するリスクのある
人々とと接触するホームケア若しくは病院の職員にとっては
かなり価値があるだろう。

 しかし、ほぼすべての患者に何らかの抗体を発見するだろうが、
全て同じというわけでは無い。中和抗体はコロナウイルスと結合
するものであり、他の細胞への感染を阻止することができるのである。
中国175名の回復した患者の報告によれば30%は非常に
低い中和抗体しかもっていなかった。

That is why the World Health Organization says “that cellular immunity [the other part of the adaptive response] may also be critical for recovery”.

Another issue is that just because you might be protected by your antibodies, it doesn’t mean you cannot still harbour the virus and pass it onto others.

 それゆえ世界保健機関は「細胞性免疫(適応免疫の一部)が
回復には重要だ。」と語る。

なぜ免疫力が重要なのか?

Why does immunity matter?

It matters for obvious personal health reasons and whether you will get Covid-19 multiple times and how often.

Immunity will also affect how deadly the virus is. If people retain some, even imperfect, protection then it will make the disease less dangerous.

Understanding immunity could help ease lockdown if it is clear who is not at risk of catching or spreading the virus.

 それは各個人の健康という意味で明らかに重要だし、
複数回COVID19に感染するのかそして何回
なのかということだ。

If it is very difficult to produce long-term immunity, then it could make a vaccine harder to develop. Or it may change how the vaccine needs to be used – will it be a once a lifetime or once a year like the flu shot.

And the duration of immunity, whether by infection or immunisation, will tell us how likely we are to be able to stop the virus spreading.

These are all big questions we still lack answers to.

HOW DOES COVID-19 AFFECT THE BODY?

 もし長期間の免疫力を算出することが困難であれば、
ワクチン開発は困難なものとなり得る。もしくはどのように
ワクチンを使用するかという点も変化してくる。一生に
一度かもしれないし、インフルエンザのように一年に一回
かもしれない。

 また免疫力の期間、感染であれ免疫化であれ、それは
どれくらいウイルス感染拡大を止めることができるか教えて
くれるのだ。

 これはまだ答えのない巨大な謎だ。

 以上となります。新型コロナウイルスはまだまだ油断が
できないということですね。しかもワクチンができても
どれくらい効果が継続できるかも未知数だということ。

 日本の報道でも多々言われていますが、長期かは
必須。今の生活様式に慣れて楽しんでいくのが賢い
かもしれません。

 

コメント