「我々の想像を超える余りに多い死者だ。」アメリカで一番大きい都市がどのように死者を扱っているかこれでわかる。

時事英語

‘So many more deaths than we could have ever imagined.’ This is how America’s largest city deals with its dead

 

 はい、皆さんこんにちは、管理人のポチャです。東京はゴールデンウイーク外出自粛の中、この記事を書いています。東京は良い天気です。公園に山に海に最適です。

 だけど外出できません!大勢の人々が外出し重度感染者が続出し医療崩壊・葬儀業界崩壊が発生したらこうなります!というニュースがCNNから出ましたのでそちらを皆さんとみていきましょう。

重要単語


reassure:安心させる、安心する
labored:苦心の跡のある、無理な、こじつけの、不自然な、困難な、苦しい、のろのろした
overwhelm:(精神的に)圧倒する、参らせる、閉口させる、(…を)(数・力などで)圧倒する
morgue:死体公示所
crematory:火葬の
cemetery:(通例教会墓地でない)共同墓地
turn down:(…を)(下に)折りたたむ、折り返す、細くする、音を小さくする、拒絶する、却下する
cremation:火葬
funeral home:葬儀屋、葬儀会社。葬儀場
sheer:まったくの、本当の、ごく薄い、透きとおるような、切り立った、険しい
corpse:(特に、人間の)死体、死骸(しがい)
decomposing:(…を)分解する、(…を)腐敗させる
appalling:ぞっとするような、すさまじい、ひどい、あきれるほどの、はなはだしい
solace:慰め
contagion:感染
reduced:減じた、切り詰めた、落ちぶれた、零落した
custodial  :保管の保護の
give way:崩れる、折れる、破れる、落ちる、屈する、譲歩する、身をゆだねる、道を譲る、(…に)取って代わられる
strained: 張りつめた、緊張した、緊迫した、不自然な、わざとらしい、こじつけの
casket:(宝石・貴重品を入れる)小箱、(長方形の)棺
Tylenol:タイレノール

New York -In his final moments, Ananda Mooliya reassured his wife and two sons that he was fine, though they could hear his labored breathing from the next room, over the sound of the TV.

 ニューヨーク。彼の最後の瞬間は、Ananda Mooliyaさんが彼の妻と二人の息子を、自分は元気だといって慰めるのだが、彼らは弱弱しく苦しそうな息がテレビの音以上に隣の聞こえてくるのだった。

His wife, Rajni Attavar, made soup for him. Mooliya struggled out of bed. With the help of eldest son, Amith, the 56-year-old subway station agent made his way to a kitchen chair in their Corona, Queens, home. Sweat beaded on his face. His mouth was open.

 彼の妻、 Rajni Attavarさんが彼の為にスープを作った。Mooliyaさんがベッドから起き上がろうと頑張った。長男Aimithさんの助けで56歳になる駅の職員である彼はキッチンの椅子へと向かった。クーインズはコロナになる彼らの自宅でである。

Corona, Queensの場所:ブルックリンとマンハッタンに近接し、ラテン系を始めとしアフリカ系黒人、イタリア系等の複数民族が住んでいる。

→いわゆる「民族のるつぼ」ですね。

“I wiped his face,” Attavar recalled through tears. “Then I called out his name. He didn’t respond.”

「私は彼らの顔を拭いてあげたの。」Attavaさんは泣きながら回想した。「そしてあの人の名前を呼んだの。彼は返事をしなかった。」

She sprinkled water on his head. Amith checked his father’s weakening pulse. His younger son, Akshay Mooliya, 16, called 911. EMTs arrived and, for about 10 minutes, aided his breathing with a respiratory device.
They then covered him with a white blanket on the kitchen floor.

 彼女は彼の顔に水をかけた。Amithさんは父の弱弱しくなった脈を計った。16歳になる次男のAkshay Mooliyaさんは911番へ電話をした。救急隊員が到着すると10分ほどで呼吸機器を取り付け呼吸をしやすくした。そして、かれらは台所の床に(横渡る)彼に白い毛布を掛けた。

※EMT : Emergency medical technician

It was April 8 at 9:37 p.m., according to his death certificate. Immediate cause of death was listed as “Recent Influenza-Like Illness (Possible COVID-19).” Several hours would pass before his body was lifted off the floor and taken to a morgue — and nearly three weeks before his cremation, family members said.

 死亡診断書によるとそれは4月8日9時37分だった。直接の死因は「最近のインフルエンザのような症状(COVID-19の可能性あり)」と記載された。遺体が床から運ばれ死体安置所へ着くのに何時間も要した。そして、家族が言うには火葬まで3週間近くがかかったと言う。

“I was the last person in the family to see his face before he died,” Amith, 21, recalled. “I didn’t even say goodbye.”

 「家族の中で僕が父さんが死ぬ前に最後に看取ったんだ。」と21歳になるAmithさんは改装した。「僕はサヨナラさえも言わなかったんだ。」

The handling of Mooliya’s body isn’t unusual in these times.

 Mooliyaさんの遺体に対する扱いは今では異常ではない。

The corononavirus death toll has overwhelmed health care workers, morgues, funeral homes, crematories and cemeteries. Body bags pile up across the city that became epicenter of the pandemic.

コロナウイルスの死亡者数は医療関係従事者、死体安置所、葬儀屋、火葬場そして共同墓地までのキャパを大幅に超過している。パンデミックの震源地であるこの街のいたるところに遺体が入ったバッグが積み上げられている。

On the day Mooliya died, there were 799  Covid-19 deaths in the state of New York, a one-day high. To date, the state has recorded more than 24,000 deaths, most of them in New York City.

 Mooliyaさんが死んだその日、ニューヨークでは799人の新型コロナウイルスでの死亡者がいた。それは一日で最高の人数だ。現在までに、州は24,000人を超える死者を記録しており、そのほとんどがニューヨーク市で死んでいる。

Among the many ways life has changed is how America’s largest city deals with its dead.

 いろんな意味で生活が変わったという中で、アメリカ最大の都市がどのように死者を扱ったということがある。

Though the city doubled to about 2,000 its capacity to store bodies, funeral homes are still turning down cremations because they can’t hold onto the bodies. A Brooklyn crematory oven broke down under the sheer volume of corpses.

 市は遺体の保管能力を2000体まで倍増したが、葬儀会社はまだ火葬を拒んでいる。それは彼らが遺体を保管できないからだ。ものすごい死体の数にブルックリン火葬場のオーブンは壊れてしまった。

Cremations are delayed to mid May and beyond. Bodies rest in refrigerated trailers in funeral home parking lots. Burials are backed up.
“So many more deaths than we could have ever imagined,” said Joe Sherman, the fourth-generation owner of Sherman’s Flatbush Memorial Chapel in Brooklyn.
“I’m doing this 43 years. I’ve never seen anything like it.”

 火葬は5月中旬そしてそれ以上にまで遅れている。葬儀会社の駐車場の冷凍車に遺体は眠っている。「我々が想像した以上にあまりに多い死者だ。」と Joe Shermanさんは言う。ブルックリンにあるシャーマンズフラットブッシュメモリアルチャペルの4世代目のオーナーだ。

Two funeral homes take desperate measures

 葬儀会社の2社は切羽詰まった手段を取った。


Refrigeration trucks at a makeshift morgue outside Bellevue Hospital in Manhattan.

The grim struggle to keep up with death was highlighted on Wednesday, when four trucks with as many as 60 decomposing bodies were discovered on a busy street outside a Brooklyn funeral home. A passerby saw fluids dripping from the trucks.

遺体との恐ろしいもがきが金曜日に注目を集めた。ブルックリンの葬儀会社がある人混み激しい通りで、60体ほどの腐敗した遺体が入った4台のトラックが発見されたのだ。通りかかった一人はトラックから滴る液体を見た。

The overwhelmed funeral home ran out of space for bodies, which were awaiting cremation, according to a law enforcement source. It brought in trucks for storage. At least one truck lacked refrigeration, with body bags on ice, one source said.

法執行筋によると、その並行するような葬儀会社は、火葬を待つ遺体を保管する場所が足りくなっていたのだ。それらはトラックへ運ばれ保管された。少なくとも一台は冷凍設備が無く、遺体袋には氷が載せられていた、と情報筋の一人は言った。
 

“It’s such a sad situation and so disrespectful to the families,” Mayor Bill de Blasio told CNN Friday. “That was an avoidable situation… There were lots of ways that the funeral home could have turned to us for help.

 「それはあまりに悲しむべき状況であり、遺族に対してあまりに無礼だ。」とビル・デ・ブラシオ市長は金曜日CNNへ語った。「あれは回避できた。。。葬儀場が私たちに助けを求める多くの方法があった。

But they stayed silent. That’s a rarity. Overwhelmingly, even with the horrible strain and the emotional strain, funeral homes have really stood by the families in the city and served them.”

 しかし彼らは沈黙していた。これは稀に見るものだ。どんなに圧倒した数であれ、恐ろしく精神的に感情的に逼迫してていたとしても葬儀会社は街の遺族に寄り添ってきたしサービスをしてきた。」

The New York State Department of Health has suspended the license of the Andrew T. Cleckley Funeral Home. Health Commissioner Dr. Howard Zucker called its actions “appalling, disrespectful to the families of the deceased, and completely unacceptable.”

  ニューヨーク州保健局は、アンドリューT.クレックリーのライセンスを一時停止した。保健局Howard Zucker 局長は、その行動を「恐ろしく、故人の遺族に対して無礼であり、まったく受け入れられない」と述べた。

CNN sought comment from the funeral home multiple times. On Wednesday, someone identifying himself as its owner declined comment.
On Thursday night, 18 bodies were found at an “overwhelmed” funeral home in New Jersey, State Police Colonel Patrick Callahan told reporters.

 CNNは何度も葬儀会社へコメントを求めた。水曜日に経営者と自称する彼からコメントは控えるとのことだった。

Mourners are forced to play a waiting game

 葬儀出席者たちは待機戦術を強いられる
※待機戦術:よりよい機会をねらって待つやり方
After Mooliya’s body was picked up from the kitchen floor, his family learned that it would be nearly three weeks before the Indian immigrant’s body could be cremated.

 Mooliyaさんの遺体がキッチンの床から運び出されて、その、インドからの移民の遺体がやっと火葬されると知ったのは3週間後であった。

In Hindu tradition, bodies are typically cremated a day or two after death, Amith Mooliya said. His father, a devout man who prayed before and after his subway station shifts, was cremated on April 27.

 ヒンドゥー今日のしきたりでは、遺体は通常死亡から1日若しくは2日後に火葬される、とAmith Mooliyaさんは言った。彼の父、地下鉄の勤務前そして勤務後に祈りをささげていたその男が火葬されたのは4月27日であった。

The family did not attend the cremation ceremony because of distancing guidelines.
“I lit a candle and put his photo in a frame on a table,” said his son, a chemistry major at Brooklyn College. “We prayed for his soul. That was all we could really do.”

 ソーシャルディスタンシングにより遺族は火葬に立ち会うことはできなかった。「私は蝋燭を灯し、テーブルに額縁に入った彼の写真を置いたんだ。」「彼の魂のために祈ったんだ。それが僕らが本当に出来ることの全てだったんだ。」

A strained death care industry has made mourning harder.
“Every day I remember,” Attavar, 50, said of the day her husband died. “I can’t sleep. I never saw his face like that. He was the strong one. I never saw him that weak. He took care of us.”

逼迫した葬儀ビジネス業界は葬儀参列を難している。「毎日思い出すの。」  50歳になるAttavarさんは彼女の夫が亡くなったその日に言った。「眠れないの。私はあんなあの人の顔を見たことが無かったの。彼は強い男だったわ。あんな弱弱しい彼を見たことが無かった。彼は私たちの面倒を見ていたのよ。」

That Mooliya was with family in the end provided some solace. The contagion has taken many others without loved ones at their side.
“At least he was not far away from us,” Attavar said. “He was home. I think that was his comfort. That he passed in the house.”

 Mooliyaさんは最後の時に家族と一緒だったことはせめてもの慰めだ。この伝染病は多くの人たちを愛する人たちがそばに入れないまま、連れ去っていってしまいました。「少なくとも彼は僕たちから離れ離れにはなってなかった。」とAttavarさんは言った。「彼は家に傷んだ。彼は居心地は良かったと思うよ。彼は家で亡くなったんだ。」

Funeral directors prioritize the living

葬儀会社の社長は命を大優先にしている

“Obviously we can’t be burying people in the dark,” he said. And social distancing has altered the way people bid loved ones farewell.
“Funerals are basically about gathering together and celebrating somebody’s life and saying goodbye,” Wright said.

 「明らかに、我々は人々を闇に葬ることはできない。」とかれは言った。そしてソーシャルディスタンシングは人々が愛する人の別れを告げる方法を変えた。「葬式は基本的に集いあい、誰かの人生を讃え、別れを告げるものだ。」とWrightさんは言った。

“These things have been impossible to do. Funerals directors … have been reduced to becoming policemen to prevent people from getting together, standing too close, hugging each other.”

 「これらのことは出来なくなっている。葬式のダイレクターは警察官になってしまっている。人々がお互いに集まらいように、近づきすぎないように抱き合わないようにするためだ。」

Sherman, the Brooklyn funeral home owner, said protecting clients and workers is a priority — ensuring distancing and providing sufficient personal protective equipment.

 ブルックリン葬儀会社のShermanさんは顧客と従業員を守ることが大優先だという。

“In dealing with this pandemic our main concern is the living,” he said.
There are no face-to-face meetings with grieving families. All business is handled online or over the phone.
“We don’t want people in the building,” Sherman said.

「このパンデミックに対応する中で、私たちの一番心配していることは命だ。」と彼は言った。嘆き悲しむ遺族との対面での面会はない。全ての業務はオンラインか電話で行われるのだ。」

The number of funerals Sherman handles tripled in recent weeks. His business and the memorial home that shares the building with it last week had about 100 calls.

 Shermanさんが扱う葬儀の回数はこの数週間で3倍になった。彼のビジネスと、建物を共有している記念館は先週100件前後の問い合わせがあった。

His funeral home alone has been doing about 30 deaths a week. Three weeks ago, Sherman said, he brought in a refrigerated container with space for an additional 30 bodies.

 彼の葬儀会社だけで30件の死者を取り扱った。3週間前に追加の30の遺体の為に冷凍庫付きのコンテナを購入したとShermanさんは言った。

“I’m turning down cremations unless its people that have prepaid them or people I know,” he said. “Cremations are one month out here in Brooklyn. I don’t want to be storing bodies here that long.”

「予約していた人々か知り合いでなければ火葬は断っているんだ。」と彼は言った。「このブルックリンでは火葬は一か月先のことだ。わたしは遺体をそんなに長く保管できないよ。」

A cremation oven broke down because of the volume

その量の為に火葬炉が壊れた

Richard Moylan, president of Green-Wood Cemetery in Brooklyn, started as a grass cutter in 1972. Now he’s closing in on five decades there.
“The volume of burials for us all at one time is overwhelming,” he said. “The volume of cremations is something we’ve never seen.”

 ブルックリンのグリーンウッド葬儀会社のRichard Moylan社長は1972年に草刈り業者として開始しました。今はそこで50年二も迫ってます。「私たちが一回に葬式する量がものすごい量なんだ。」と彼は言った。「その火葬の量は今まで見たことが無いよ。」

Cremations at Green-Wood have jumped from as many as 70 to 130 per week, Moyland said. Burials more than doubled to a dozen each day.
“And if we had the capacity we would be doing more,” he said of cremations.

 グリーンウッドの火葬の回数は1週間あたり70から130へ急増した、とMoyland社長は言った。葬式は
倍増し一日当たり12回になった。「そしてもしもっとやるキャパがあったら。」彼は火葬のことを言っていた。

“People are sending bodies out of state, out of the city. We’re booked through the middle of May when six weeks ago you could just call up and say, ‘I’m coming in tomorrow or, even sometimes, I’m coming in an hour.’ Now, sadly, you need an appointment.”」

 「人々は遺体を州外に送っているんだ、街の外にね。6週間前に私たちは5月中旬までの予約で埋まっていたんだんだが、電話してこう言うんだ。「明日ぐらいに来るからね、若しくは1時間以内に。」さて、残念なことに、アポが必要なんだよ。」

Except for burials, cremations and custodial services, all other work has stopped.
“We’re not doing any tree maintenance,” he said. “We’re not doing much lawn maintenance. We’re not doing any monument preservation. It’s all hands on deck.”

 葬式以外にも、火葬と保管サービスも、全ての他の仕事も止まった。「私たちは木の手入れは何もしていません。」彼は言った。「芝生のメンテはしていません。私たちは墓の手入れもしていません。もう手一杯なんですよ。」

all hands on deck:
 みんなの手助けが必要
https://idioms.thefreedictionary.com/all+hands+on+deck

One of five cremation ovens — which burn up to 1,800 degrees for 18 hours a day — broke from overuse, Moyland said.
“When we started going longer hours the chamber’s brick wall basically just gave way,” he said.

 Moyland社長が言うには、5台の火葬炉、一日に1800度で18時間焼却し続けるのだが、そのうちの一台が使い過ぎで壊れた。
 

Moylan sometimes watches burials from his office.
“We try to keep burials as close to a traditional burial as we can,” he said. “We had a Covid victim and there were our guys in Hazmat suits and the family staying on the road away from the casket. Someone said a few prayers. They got back in their cars. Then I realized there were more cars of people who didn’t come out.”

 Moylan社長は時々事務所から埋葬式を見ていた。「私たちは葬式が出来るだけ伝統的なものになるように頑張っているんだ。」彼は言った。「私たちはコロナの犠牲者を預かっていたんだが、防護服を着た我々職員と棺から道の向こうに離れて控えていた遺族がいた。そして出てこない人々を乗せたたくさんの車がある事に気づいたんだ。」

‘He worked so hard all his life’

 彼は一生一生懸命働いた

In Corona, Queens, Rajni Attavar and her sons celebrate Mooliya’s life by telling his story. He arrived in New York in the mid-1990s from Heroor village in Karnataka, India, where he taught chemistry at a university. He managed several chain drug stores. He was a security guard and worked five years as a subway station agent.

 クイーンズのコロナでは、Rajni Attavarさんと息子さんたちがお父さんの話をしながらMooliyaさんの人生を讃えていた。

Mooliya had two online consultations with a doctor the days before his died. His eldest son said his father was told he didn’t need to be tested. Take Tylenol and stay hydrated, he was instructed.

 Mooliyaさんは無くなる前に医師に二回オンライン診断を受けていた。長男が言うには父は検査は受ける必要が無いと言われたそうだ。タイレノールを服用し水をたくさん飲めばよいと言われたそうだ。

※Tylenol:タイレノール。ジョンソン・エンド・ジョンソンが販売するアセトアミノフェンを単一成分とする解熱鎮痛剤である。

“He worked so hard all his life,” Attavar cried. “No vacations. He was the smartest man. He went through a lot in his life. I didn’t know it was going to end up so bad for him.”

「あの人は一生一生懸命働いたわ。」 Attavarさんは泣いた。「ワクチンがなかった。あの人は賢かった。彼は人生の中でいろいろなことを経験しました。あんなひどい最後になるなんて思いもしなかった。」

CNN英語原文

 今日は以上となります。医療破壊になったら悲惨なことになります。日本がそうならないように、皆さん大変ですが、コロナウイルスに負けないように、STAY HOMEして、今を乗り切りましょう。最後にMooliyaさんをはじめとして世界中のコロナで亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

コメント