コロナで川崎病のような症状が出た時に6歳の子供は呼吸器に繋がれながらどのように生き延びたか?

時事英語

How a Kawasaki-like syndrome left this 6-year-old fighting for his life on a ventilator

 はい、こんにちは管理人のポチャです。今日は、コロナウイルスで小児に川崎病に似た症状が出るというのは日本ではまだそれほど深刻な問題としては報道されていませんが、アメリカやイギリスでは多お子さん達が集中治療室に担ぎ込まれ生死を彷徨う状態になっています。今回の記事はイタリアのお子さんの件ですが、実際にどのようにその両親と医師が対応したかCNN5月25日付の記事を見ていきます;

重要英単語


●multisystem inflammatory syndrome :
多臓器性炎症性症候群
●pediatrician
小児科医
●lookout
見張り、用心、警戒、見張り所、望楼、見張り人、見張り船、見込み、前途、眺望
● immunoglobulin
免疫グロブリン、イムノグロブリン
●cortisone
コーチゾン

“The doctors were shocked. They said they had never seen anything like this,” says Valentina Vigilante, recalling the terrifying day her 6-year-old son Nicolò was rushed into intensive care in Bergamo, northern Italy, as he struggled to breathe.

“I feared he was going to die. Then, they intubated my child.”
This was the moment that doctors finally diagnosed Nicolò with a rare condition, known as multisystem inflammatory syndrome in children, or MIS-C.
Britain’s National Health Service, the World Health Organization and the US Centers for Disease Control and Prevention (CDC) are now issuing alerts to pediatricians to be on the lookout for cases. While not all affected children test positive for the coronavirus, the CDC and physicians in Britain believe the syndrome comes as a result of the body’s reaction to infection with Covid-19.

How a Kawasaki-like syndrome left this 6-year-old fighting for his life on a ventilator
英文が朗読されます

「お医者さんたちはショックを受けていたわ。こんなのは見たことが無いって。」

とバレンティナ・ビジランテさんは、北イタリアにて当時6歳になる息子のニコロ君が息をするのも苦しい状態で集中治療室へ運び込まれたその恐ろしい日を回想する。

 「彼が死んでしまうのではと怖かったです。そして医師たちは息子に呼吸器を取りつけました。」

それは医師たちがニコロ君が非常に稀有な状態、多臓器性炎症性症候群(MIS-C)と最終的に診断した瞬間だった。


 英国国民保健サービス、世界保険機関そしてアメリカ疾病予防管理センター(CDC)は現在小児科医達に注意するように喚起を促している。


 全ての子供がコロナウイルス陽性ではないが、CDCとイギリスの内科医たちは症状がコロナウイルス感染の身体的反応の結果起こっていると考えている。

Parents must also understand the dangers, says Vigilante, a 35-year-old nurse. “We must exchange information about what is going on in our countries because my pediatrician did not even know what was happening at first.”

“Today a child can’t be seen easily because of Covid. I couldn’t bring him because the doctor’s office was closed. A doctor could not come to the house and treat him.”
Vigilante, who worked in a hospital in Milan, northern Italy, the epicenter of the disease in Europe, contracted the coronavirus in March. Her husband did too. “I had been working up until then, and I started having a hard time breathing,” she said.

35歳になる看護婦のビジランテさんは両親も危険を理解しなければならないと言う。


「私たちは国で何が起こっているのか情報交換をしなければなりません。私の内科医でさえ最初は何が起こっているのか分からなかったのですから。」


「現在は、新型コロナウイルスのために子供を気軽に病院へ連れていく事が出来ません。病院が閉まっているために連れていくことができないのです。医師が家に来て治療をすることも出来ませんでした。」


欧州でコロナの震源地となっているイタリア北部ミラノの病院で働いているビジランテさんは3月にコロナウイルスに感染しました。彼女の夫もそうでした。


「私は頑張っていたのですが、ついに呼吸困難に陥りました。」と彼女は語った。

After the couple recovered, one of their twin sons became sick and was admitted to hospital. Nicolò was found to have been infected with the coronavirus, but had shown no symptoms. Doctors initially believed he had Kawasaki disease, an inflammatory condition that usually involves the major arteries and the heart.
As Nicolò struggled to breathe, Vigilante begged doctors to do a CT scan, which eventually revealed that he had MIS-C. “I was losing it. They continued to say he had Kawasaki.”
She was unable to stay with her young son overnight. “The hospital doesn’t allow parents to stay because of Covid, so I had to calm him down, help him fall asleep before I left.
“I had to tell him he was going to be safe. My son begged me to not leave, he didn’t want to be left alone,” she recalled.

夫婦が回復後、双子の息子の一人が具合が悪くなり、入院した。ニコロ君はコロナウイルスに感染していると診断されたが、無症状だった。

医師たちは当初は川崎病であると考えていた。大動脈や心臓に通常炎症が発生する症状である。

 ニコロ君は呼吸困難に陥った。ビジランテさんは医師らにCTスキャンを頼んだ。

その結果かれが多臓器性炎症性症候群を患っていることが分かった。

「私は途方にくれました。彼らはまだ川崎病にかかっていると言い続けたのです。」

 彼女は夜は息子に付き添うことはできなかった。

「コロナの為に病院は両親が宿泊することは許可しませんでした。私は息子を落ち着かせ、彼が眠りに入るのを待って帰宅しました。」

「私は回復に向かっていると彼に言わなければなりませんでした。息子は行かないでと頼んできました。一人きりになるのが嫌だったのです。」と彼女は当時を振り返った。

子供たちの危険

Danger for children

On the first day of his treatment, Nicolò was given immunoglobulin but his condition deteriorated so much that doctors were forced to place him on a ventilator for 24 hours. After this he was treated with standard Kawasaki therapy — immunoglobulin and aspirin — and because of his MIS-C diagnosis, cortisone.
Dr. Lucio Verdoni, a pediatrician at Bergamo’s Hospital Papa Giovanni XXIII where Nicolò was treated, said that in his experience, treating patients with this therapy often achieved rapid results: “After 24 hours, the patients treated were already improving. We did not have to do a secondary treatment after this.” Doctors in Britain and the US have had similar success with this treatment cocktail.


 治療の第一日目、ニコロ君は免疫グロブリンを与えられたが、彼の状態は悪化するばかりだったので医師たちは彼に24時間呼吸器を取りつけた。

その後彼は川崎病治療と同じように治療された。免疫グロブリンとアスピリン、そして多臓器性炎症性症候群と診断されたためコーチゾンにて治療された。

 ニコル君が治療されているベルガモのパパ・ジョバンニ23世病院のルシオ・ベルドーニ医師は彼の経験ではこの療法でしばしば迅速な結果を得られていると言う。;


「24時間以内には治療されている患者たちは症状が好転していきます。その後は次の治療を施す必要はありません。」


 イギリスとアメリカの医者たちもこの複合療法で類似の成功を収めている。

The CDC and physicians in Britain believe MIS-C is a result of the body’s reaction to Covid-19 infection. “There is no doubt that this form of Kawasaki is connected with Covid,” Verdoni tells CNN.

 
The danger for young children, according to Dr. Alberto Villani, President of Italy’s National Association of Pediatricians, is the difficulty in diagnosing MIS-C, because its symptoms can be similar to those of both conditions.

Mystery pediatric illness that nearly killed Louisiana girl could be a COVID-19 complication

 疾病管理予防センターとイギリスの内科医たちは多臓器性炎症性症候群は新型コロナウイルス感染への身体の反応の結果と考える。


「この川崎病の症状は新型コロナウイルスと関係がある事は疑いの余地がありません。」とベルドーニ医師はCNNに語る。


 イタリア全国小児科医協会会長のアルベルト・ビラーニ会長によれば、幼い子供たちの危険というのは多臓器性炎症性症候群と診断する難しさと語る。

なぜならその症状は両方に似ているからだ。

“What is happening now is that this disease creates acute inflammation. It has a lot of similarities with Kawasaki. These children often have had contact with Covid and it appears a lot like Kawasaki. If a child is very sick, he must be treated right away.”
Luckily, Vigilante knew that her son needed urgent treatment. “Thankfully I am a nurse and mother, and have an eye to recognize something was wrong,” she recalled.
“Kawasaki is not so serious, but Covid provokes this type of Kawasaki, and I know this is worse because I lived it.”
Nicolò came home last week after an 18-day stay in hospital. Finally, the little boy was able to play with his twin brother Massimo again.

「今まさに起こっているのはこの症状が激しい炎症を起こすということです。その多くは川崎病と似ています。これらの子供たちは度々新型コロナウイルスに接触したことがあり、川崎病のような症状が出てて来ます。若し子供がとても具合が悪ければ、すぐに治療を受けなければなりません。」


 幸運にもビジランテさんは息子が緊急治療を受けなければならないことを知っていました。


「有難いことに私が看護婦であり母であり、そして何か悪いことが起こっていることを理解出来る眼を持っていたということです。」


「川崎病はそれほど深刻なものではありません。ただ新型コロナウイルスは川崎病と同様の症状を発生させるのであり、それは悪化するのです。私が経験したからそれを知っているのです。」


 ニコロ君は18日の入院後先週帰宅した。そしてやっと小さな坊やは双子の兄弟であるマッシモ君と再び遊ぶことができるようになったのだった。

以上となります。怖いです。まだそれほど同様の問題が発生していない日本なので、若い世代はコロナにかからない、かかっても大丈夫と考えていると、いつの日か同様の問題が発生するかも分かりません。緊急事態宣言は解除されましたが、油断せずに「ノー3密」の継続が必要でしょう。

 

コメント