ファーウェイCFO孟晩舟氏のカナダからアメリカへの身柄引き渡し審議継続、裁判所が見解

時事英語

The case to extradite Huawei CFO Meng Wanzhou from Canada to the United States can continue, judge rules

 はい、こんにちは管理人のポチャです。今日は2020年5月27日にCNNで掲載された中国ハイテク企業ファーウエイCFOの身柄引き渡し事案のニュースを見ていきます;

重要英単語

●interrogate
(系統立った組織的な)質問を行なう、尋問する、質問する
●invalidate
(~を)無効にする。
●committal
引渡し
●test
能力などをためす)試験、検査、(ものの)検査、実験、ためすもの、試金石、試験の手段、試験、分析、鑑識
●racketeering
(恐喝・詐欺などによる)不正な金もうけ、ゆすり、たかり、やみ商売、密売買
●indictment
起訴(手続き)、告発、起訴状
●prejudice
偏見、ひがみ、先入観、(利益の)侵害、不利益
●pursuant
準じて; 従って
●tangle
(…を)もつれさせる、紛糾させる、巻き込む
●hamper
(…の)動きを妨げる、じゃまする、妨害する
●espionage
(特に他国の政治、他企業などに対する)スパイ活動
●judiciary
司法部、(国などの)司法組織、裁判官

The extradition case of Huawei CFO Meng Wanzhou will continue following a crucial ruling from Canadian judge Heather Holmes Wednesday.

US prosecutors want Meng to stand trial on multiple charges, including bank fraud and violating US sanctions against Iran. The decision to continue the case could have huge political implications for Canada, the United States and China.

Following a four-day hearing in Vancouver’s Supreme Court in January, Holmes ruled Wednesday that the US allegations meet the key Canadian extradition standard of “double criminality,” which examines whether the conduct alleged by the country requesting the extradition could be considered a crime under Canadian law. The double criminality standard is a preliminary step in the extradition case; now that the judge determined it has been met, Meng’s case can proceed.

The case to extradite Huawei CFO Meng Wanzhou from Canada to the United States can continue, jud…

 ファーウェイCFO孟晩舟氏の身柄引き渡し審理はカナダのヘザー・ホームズ裁判官の決定的判断を受けて継続となった。

 アメリカ検察は孟氏を銀行への詐欺とアメリカの対イラン制裁への違反を含む複数の容疑で裁判に立たせようとしている。

心理継続の判断はカナダ、アメリカそして中国にとって政治的意味合いを持つだろう。

 1月にバンクーバー上級裁判所での4日間にわたる公聴会に続き、ホームズ裁判官は水曜日アメリカの起訴内容はカナダの身柄引き渡し基準の双罪性に当たるとした。

それは身柄引きを求めるアメリカが主張している起訴内容はカナダの法律でも罪かどうかということを検証したのだ。

双罪性の基準は身柄引き渡しの準備段階であり、裁判官は基準を満たしていると判断した。孟氏の審理は進行するだろう。

The ruling does not determine Meng’s guilt or innocence, only whether her actions would be considered a crime under Canadian law. Meng and Huawei have denied the US allegations.
Meng has also claimed that she was unlawfully detained, searched and interrogated by Canadian border officials during her arrest, allegations her lawyers say invalidate the extradition case against her. Those claims will be taken up for consideration by the court in upcoming hearings this summer as the extradition case proceeds.

The case to extradite Huawei CFO Meng Wanzhou from Canada to the United States continues

 今回の見解は孟氏の有罪無罪は判断しておらず、彼女の行為がカナダの法律にて犯罪と考えられるかどうかという点だけを判断している。

孟氏とファーウェイはアメリカの起訴内容を否定している。

孟氏はまた彼女は逮捕時カナダ国境当局により非合法に拘留・捜索そして尋問を受けたと主張し、彼女の弁護士は引き渡しは無効だと話している。

Canada’s Department of Justice said in a statement Wednesday that another hearing later this year will “determine whether or not the alleged conduct provides sufficient evidence of the offense of fraud to meet the test for committal under the Extradition Act.”
“An independent judge will determine whether that test is met,” the statement reads. “This speaks to the independence of Canada’s extradition process.”

Huawei is “disappointed” with the ruling, according to a statement the company posted to Twitter on Wednesday.
“We expect that Canada’s judicial system will ultimately prove Ms. Meng’s innocence,” the statement reads.

カナダ司法省は水曜日の声明で、今年後半に行われる公聴会で起訴内容が身柄引渡し法の鑑識に十分な詐欺容疑の証拠を提供できるかにかかってくる、と発表した。

 「独立した裁判官が鑑識が妥当であるか判断する。」と声明で述べている。「これはカナダの身柄引き渡し手続きの独立性を語っている。」

 ファーウェイは「見解に失望した」という声明を水曜日にツイッターに投稿した。

「私たちはカナダの司法システムが最後には孟氏が無罪であることを証明してくれると期待する」TP声明には書かれている。

身柄引き渡し事件

The extradition case

Meng, the daughter of Huawei’s billionaire founder Ren Zhengfei, was arrested at the request of the United States in December 2018 at the Vancouver airport, where she had to surrender her passports and agree to live in one of two homes she owns in the city.
US authorities want Meng to be extradited to New York to face federal charges related to allegations that she lied to bank HSBC about Huawei’s relationship with its Iran-based affiliate Skycom, in order to receive funding that violated US economic sanctions against Iran.

In February, the US government added racketeering and conspiracy to steal trade secrets charges to the indictment. Huawei also denied the new allegations.
The case is one in a series of actions the US officials have taken against the Chinese tech giant in recent years.

B.C. judge rules Huawei CFO Meng Wanzhou’s U.S. extradition case will go forward

 ファーウェイの億万長者任正非氏の娘である孟氏は2018年12月にバンクーバー空港で逮捕された。そこで彼女は彼女のパスポートの引き渡し、そして市内の彼女所有の2件の邸宅中1件に滞在することに同意しなければならなかった。

 アメリカ当局は孟氏をニューヨークまで引き渡させ、彼女がHSBCへファーウェイとイランに拠点を置く系列会社Skycomとの関係について虚偽の説明を行い、アメリカのイランに対する経済制裁へ違反する資金を受け取ろうとしたという連邦容疑での告発に直面させようとしている。
 2月にアメリカ政府は貿易機密を盗もうとした密売買・陰謀の容疑を起訴状に追加した。
審理はアメリカ当局が中国の技術の巨人に数年取っている一連の動きである。

During the January hearing, lawyers for Meng argued that what she’s accused of does not break Canadian law, because the US allegations hinge on sanctions against Iran that do not exist in Canada. But prosecutors from Canada’s Attorney General’s office argued that the allegations, which include lying to a bank with the potential for causing loss, would amount to a Canadian fraud charge, and that Meng should therefore be committed for extradition.

“Lying to a bank in order to get financial services that creates a risk of economic prejudice is fraud,” Robert Frater, a lawyer for the attorney general, said during the January hearing, adding that the actions put HSBC at risk of US penalties for sanctions violations and reputational damage.
The judge’s Wednesday ruling came to a similar conclusion. Holmes wrote in the ruling that Meng’s argument that double criminality was not met because of the application of US sanctions “would give fraud an artificially narrow scope in the extradition context.”

 1月の公聴会では孟氏の弁護士は彼女が起訴されている内容はカナダの法律に違反していないと主張した。なぜならイラン制裁を根拠とするアメリカの起訴内容はカナダには存在しないからである。しかしカナダの司法長官当局の検察は損害を被る可能性のある内容で銀行に虚偽の説明をしたということはカナダの詐欺罪に相当し、孟氏はそれゆえ身柄引き渡しに相当すると主張した。

 「銀行をだまし経済的不利益を被らせるリスクがある資金サービスを得ようとするのは詐欺だ。」と1月の公聴会で司法省長官のロバート・フレーター弁護士は語った。

またその行為はHSBCをアメリカ制裁違反の処罰と風評被害リスクにさらしていると付け加えた。
 水曜日の裁判官見解も類似した結論であった。

ホームズ裁判官は判決の中に、アメリカ制裁対応からくる双罪性というのは妥当では無いという孟氏の議論は、詐欺による引き渡しの過程において、人為的な狭い余地しか与えないと記してある。

Holmes added: “The double criminality requirement for extradition is capable of being met in this case. The effects of the US sanctions may properly play a role in the double criminality analysis as part of the background or context against which the alleged conduct is examined.”
A spokesman for the US Department of Justice said in a statement on the ruling that “the United States thanks the Government of Canada for its continued assistance pursuant to the U.S./Canada Extradition Treaty in this ongoing matter.”

 ホームズ裁判官はまた次のように付け加えた。

「身柄引き渡しの為の双罪性はこのケースに適応できる。容疑行為が検証される際の背景や内容の一部としてアメリカ制裁の効果が正しく役割を果たすだろう。」

 米国司法省の報道官は判決の声明の中で「アメリカは今行われている本件において、カナダ政府のアメリカ・カナダ引渡し協定に従った継続した支援に感謝する。」と述べている。

深刻な政治的出来事

A ‘grave political incident’

The extradition case has pulled Canada into political tensions between the United States and China.
The Chinese Embassy in Ottawa issued a statement Wednesday urging Canada to release Meng.
“The United States and Canada, by abusing their bilateral extradition treaty and arbitrarily taking forceful measures against Ms. Meng Wanzhou, gravely violated the lawful rights and interests of the said Chinese citizen,” the embassy’s statement read in part.
The embassy accused the United States of trying to “bring down Huawei and other Chinese high-tech companies,” adding that Canada has been acting “as an accomplice of the United States.” The United States has taken a number of actions to hamper Huawei’s business over the past year and a half, as the country tangles with China on several fronts, ranging from trade and technology to politics.

“The whole case is a grave political incident,” the embassy added, calling on Canada “not to go further down the wrong path.”
The extradition proceedings were complicated after two Canadians, Michael Kovrig and Michael Spavor, were detained in China in December 2019. Beijing has charged them with espionage and denies that their arrests are related to Meng’s case, but they have been seen in Canada as a form of retaliation.

Trudeau links Meng Wanzhou case to China detaining Michael Spavor, Michael Kovrig

 引き渡し事案はカナダを米国・中国間の政治的緊張のなかへ引きずり込んだ。

オタワの中国大使館は水曜日カナダへ孟氏を釈放するように声明を発表した。

「アメリカとカナダが両国間の引き渡し協定を悪用し恣意的に強硬手段を孟晩舟氏へ採っていることは、所謂中国国民の法的権益を深く侵害している。」と大使館声明には書かれている。

大使館はアメリカが「ファーウエイとその他の中国ハイテク企業を落としてめている」と非難する。

 カナダが「アメリカの片割れ」として動き続けていることも付け加えている。アメリカは貿易、テクノロジーから政治において中国と数年紛糾しているが、過去1年半ファーウエイビジネスを妨害する数多くの手段を取って来ている。

「全ての事案は深刻な政治的出来事だ。」と大使館は付け加えて、カナダに「これ以上誤った道を歩まないように」呼び掛けている。

2名のカナダ人、マイケル・コブリッグ氏とマイケル・スパーバー氏が2019年12月に中国にて拘留されてから身柄引き渡しの行方は複雑化した。

北京は彼らにスパイ容疑をかけており、彼らの逮捕は孟氏の事案との関係は否定している。しかしながらカナダではそれらは報復処置と見られている。
 

“We have seen China linking those two cases from the very beginning. Canada has an independent judicial system, that functions without interference or override by politicians,” said Canadian Prime Minister Justin Trudeau on Tuesday, ahead of the ruling in Meng’s case. “China doesn’t work quite the same way and don’t seem to understand that we do have an independent judiciary from political intervention. We will continue to uphold the independence of our judicial system while we advocate for the release of the 2 Michaels.”
Other Canadian officials, including Minister of Foreign Affairs François-Philippe Champagne, have also stressed the independence of the country’s judicial system as Meng’s case works its way through the courts.
“We will continue to pursue principled engagement with China to address our bilateral differences and to cooperate in areas of mutual interest,” Champagne said.

「我々は最初から中国が2つの事件を関連付けていると見ている。カナダは独立した司法システムを有しており、政治家の干渉や乗っ取りなしに機能している。」と孟氏の事案見解に先立ち木曜日にカナダのジャスティン・トルドー首相は述べた。

「中国は全く異なるように動いているし、我々が政治的干渉から独立した司法組織を持っていることを理解していない。我々は引き続き司法システムの独立性を支えていくと同時に、2名のマイケルらの釈放を唱える。」

 孟氏の事件も法廷において進められている時に、フランコス・フィリップ・シャンパン外務大臣を含む他の政治家達も国の司法システムの独立性を強調した。
「我々は中国との原則的取り決めを引き続き追求し、二国間の総意に取り組む。そして中立的利益の分野において協力する。」とシャンパン氏は述べた。

 以上となります。今後どのように展開していくのでしょうか?!

原文

コメント