アフリカで夫を亡くした女性はどのように扱われるか?(2)

時事英語

Her husband died. Then his family shaved her head and made her strip beside his grave


彼女の夫が亡くなった。そしたら家族は彼女の頭を剃り、遺体のそばで裸にさせた。

はい、みなさんこんにちは。今日は前回の続きとなります。

重要英単語


consequently:その結果(として)、従って
bow:(あいさつ・服従・礼拝などのために)腰をかがめる、お辞儀する、(…に)腰をかがめる、(…に)かぶとを脱ぐ、屈服する、従う、しなう、たわむ
adoption:採用(すること、されること)、採択、養子縁組
plight:悪い[ひどい]状態[状況・ありさま]、非常に苦しい状況[立場]、窮状、苦境、窮地
vengeance:復讐(ふくしゆう)、復讐の行為、あだ討ち、報復
evict: (法律の力で)立ち退かせる、追い立てる
contemplate:じっくり考える、 熟考する、 熟慮する
Horrendous:恐ろしい、ものすごい
Malpractices:≪法≫不正行為,背任行為,違法行為;(医師の)医療過誤
outlawing:非合法化
widowhood:未亡人であること,やもめ暮らし(の期間)
commissioner:(官庁などの任命する)委員、理事、(官庁の)長官、局長(など)、(植民地の)弁務官、コミッショナー
criminalize:(…を)有罪とする
vulnerable:〔自分より強い相手や集団に対して〕弱い、脆弱な、攻撃[損傷]を受けやすい、被害に遭いやすい、攻撃されやすい
dare:あえて…する、思い切って…する
mighty:力強い、強力な、強大な、巨大な、すばらしい、非常な
audacity:豪胆、豪放、ずぶとさ、厚かましさ、大胆さ、厚かましくもこと、大胆な行為
disinheritance: 廃嫡(はいちやく)
proprietor:(商店・ホテル・土地などの)持ち主、所有者、経営者、事業主
custodian:(美術館・図書館など公共建造物の)管理人、守衛
re-orientation:再配向、再配列

悪しき習慣撲滅への努力

Flora Alatan, Delta State Commissioner for Women Affairs, told CNN her department is working with the justice ministry to adopt the Violence Against Persons Prohibition Act (VAPP), a federal legislation with a provision that directly punishes the ill-treatment of widows.

Her husband died. Then his family shaved her head and made her strip beside his grave


デルタ州女性局のフローラアラタン氏はCNNに対し、彼女の部署は司法省と協力して、未亡人の虐待を直接罰する規定のある連邦法である、人に対する暴力禁止法(VAPP)を適用するように働きかけていると語った。

The “Harmful Widowhood Practices” in the VAPP Act says people can be jailed for a maximum of two years or pay a fine of N500,000 (around $1,366) for abusing women whose husbands have died.
Nigeria signed the VAPP Act in 2015, but a majority of the West African nation’s 36 states are yet to adopt it and, consequently, the law can’t be enforced in those states.


VAPP法内の「寡婦への悪しき習慣」では夫が亡くなった女性への虐待は最大2年の禁固か500,000ナイラ(₦、ナイジェリアの貨幣、約USD1,366)の罰金を課すと唱ってある。
 ナイジェリアは2015年VAPP法に署名したが、この国の36州の大多数がまだ採用しておらず、したがって、当該法律がそれらの州にて実施できないのだ。

→ナイジェリアは2014年に南アフリカを抜きアフリカ最大の経済大国です。「アフリカの巨人」と呼ばれています。


ウィキペディア ナイジェリア

While she’s pushing for the law in her state, social workers from her ministry are also going into communities to encourage women to report such cases, Alatan said.
“We’re not just speaking to the women, we are talking to their daughters. The education of the girl child is important if we want to put a stop to these inequalities,” Alatan said.

International Women's Day: Enforcing The Rights Of The Nigerian Woman

 彼女の州に法律を進めようとしていた時にも、彼女の部署から民生委員が地域社会に行き女性らにそのようなケースがあれば報告するように勧めているとアラタン氏は語る。

This work is also personal for her.
Alatan’s husband died in February and she says her husband’s extended family asked her to participate in some traditional rites for widows which she refused to do.

 これは彼女にとっても個人的な作業だ。
 アラタン氏の夫は2月に亡くなり、夫の遠い親戚は彼女に伝統的な寡婦の儀式に参加するよう言ってきたが、その儀式は彼女が拒絶するものだった。


“I am presently mourning my husband and they told me there are some [cultural] or traditional things I must do. I told them that, ‘No! I’ll not bow to that and they cannot force me to do it.'” Alatan told CNN.
But she admits her experience is not the reality of many women in the country and says that is why the adoption of the bill is urgently needed to put a stop to these practices.


 「私は現在も夫の喪に服していますが、彼らは私が(文化的)若しくは伝統的に私がしなければならないことがいくつかあるといいました。私は”嫌です、私はそれに従わないし、あなたたちは私に強要もできない”と答えました。」とCNNにアラタン氏は語った。
 しかし彼女の経験はこの国の大多数の女性にとっては現実的ではないしことを認めており、それゆえ法案の採択は緊急で求められているのだと語った。

多大なる不利益な立場


‘Great deal of disadvantage’

There are 258 million widows around the world, according to UN estimates, and more than two million of them are in Nigeria, where 25% face a “great deal” of disadvantage and another 33% have experienced disadvantage, according to 2015 World Widows Report by the Loomba Foundation, a global NGO working with the UN to highlight the plight of widows.


CNN has reached out to the office of the Nigerian minister for women affairs but has not received a response.

Hope Nwakwesi, who runs Almanah Hope Foundation, a support group where widows can share their stories safely, says family members who carry out this abuse are hardly ever arrested or prosecuted.


国際連合の推測では世界中に2億5800万人の寡婦がいると言われている。寡婦の苦境を国連へ訴えかけている世界的NGOのルンバ財団(Loomba Foundation)刊行2015年度世界寡婦報告によれば、200万人はナイジェリアであり、25%は多大なる不利益な立場にあり、33%は不利益を被った経験がある。


 CNNはナイジェリア女性局の事務所まで連絡を取ったが、回答はなかった。


 寡婦が彼女らの経験を安全に共有できる場である支援団体アルマ・ホープ財団を経営するホープ・ヌクエシ女史は、この虐待を行う家族らが逮捕されたり起訴されたりすることはほとんど無いと語る。


Until the “Harmful Widowhood Practices” provision in the VAPP Act is enforced at the grassroots level, more women will face these forms of violence, she said.
“Government must realize that people hide under the name of culture to get vengeance on women,” Nwakwesi said.
“What can be more humiliating than a woman shaving her pubic hair? Why should a woman be termed unclean because your husband is dead?” she asked.
Nwakwesi herself became a widow 25 years ago after her husband was killed in a car accident.


 VAPP法の「寡婦への悪しき習慣」条項が草の根レベルまで施行されるまで、もっと多くの女性がこれらの形の暴力と直面するだろうと彼女は語る。
「政府は文化という名の下で人々が女性に行う復讐を隠蔽していることを認識しなければならない。」とヌクエシ氏は語った。
「女性の頭を剃るということ以上に何が女性を辱められるのでしょうか?なぜ夫が死んだということで女性は毛皮らしいと定義づけられるのでしょうか?」と彼女は問う。
 ヌクエシ氏自身交通事故で夫を失った25年前に寡婦となった。

After his death, she was confined to a room for 28 days after which she was asked to shave her head as part of Ikwa Ozu, the mourning rites performed by widows in Anambra state in Nigeria’s southeast.
“My head was scraped with a blade, and two days after it was like my head was on fire. I had to be using menthol and pouring ice cold water on my head for three weeks because it was so hot,” said Nwakwesi, who is pushing for the practices to be abolished.


 夫の死後、ナイジェリアの南西部のアナンブラ州で寡婦が行う喪に服する儀式であるイクワオズの中で彼女は頭を剃るように言われた。
 「私の頭はカミソリで剃られ、2日後には頭は火で燃えているようになりました。あまりに熱かったので、3週間メンソールを使ったり氷水を頭にかけたりしなければなりませんでした。」と、その習慣を廃止しようと推進しているヌクエシ氏は語った。

 On her return to Lagos, Nwakwesi says she and her four children were evicted from the apartment rented to them by her husband’s employers.
A few weeks later, she was suspended from the elementary school owned by the same employers, where she worked as a teacher.
“Our house was reallocated to another family. Under three months and at age 27, I went from being a wife to being a widow, with no house, job and with four children to care for,” Nwakwesi, now, 52, told CNN.


 ラゴスに帰った時に、彼女と4人の子供たちは、家主でもあった夫の雇い主によりアパートから追い出されたとヌクエシ氏は語る。
 数週間後教師として働いていた小学校から、同じ人物である雇い主により停職となった。
「私たちの家は他の家族へ割り当てられました。27歳と3か月で私は妻から寡婦となり、家も仕事もなくなり4人の子供の面倒を見なければなりませんでした。」と52歳となるヌクエシ氏は語った。

Nwakwesi said she contemplated suicide at the time.
“It played out in my mind, the day my employers pasted my suspension letter on the school’s notice board and as the pressure grew. I was overwhelmed … I only snapped out of it because of my kids,” she told CNN.
She is pushing for stronger laws she says will help “catch a widow when she falls.”
“One woman who has just lost her husband cannot fight her in-laws, but if she knows the law will back her up, she will fight back,” Nwakwesi told CNN.


ヌクエシ氏はその時自殺をするか悩んだという。
「その考えが私の心の中で首をもたげてきたのは、雇用主が掲示板に私の停職連絡書を貼りだした時であり、精神的圧力としてのしかかってきました。私は倒れてしまいそうでした。。ただただ子供の為にそれを打ち消すばかりでした。」と彼女はCNNに語った。
 彼女は倒れてしまいそうな寡婦を救うという、もっと強い法律を推進しています。
「独りの夫を亡くした女性は義理の親と戦うことは出来ません。ただ法律が支援することを知っていれば、反撃することができます。」とヌクエシ氏はCNNに語った。

「恐ろしく、屈辱的な儀式」


‘Horrendous and humiliating rites’

In 2005, the Anambra government signed the Malpractices Against Widows and Widowers (Prohibition) Law outlawing harmful mourning rites but researchers and Nwakwesi say the practice has still not stopped.
“Women in my group share the horrendous and humiliating rites they are forced to do, it is still happening but it must end,” she said.
Anambra has two laws criminalizing widowhood rites, says Ndidi Mezue, the states’ commissioner for women and children affairs, but its enforcement has been slow.
Widows who have been abused don’t often report such cases to authorities for fear of backlash from their community.


  2005年アナンブラ政府は有害な喪の儀式を非合法化する寡婦・寡夫への違法行為(条文)に署名をしたが、科学者とヌクエシ氏はその習慣はまだ止められていないと語る。
 「私のグループの女性たちは彼女たちが強要される恐ろしくて屈辱的な儀式を許有しています。それはいまだ行われておりますが、終わりにしなければならないのです。」と彼女は語ります。
アナンブラは寡婦に関する儀式を有罪化する法律が2つある、と女性・児童問題の局長であるディデイ・メズエ氏は言う。
しかしの施行は遅い。地域社会からの報復を恐れて、虐待を受けても寡婦たちは当局へその種の事件は報告しない。

“That is why we have social welfare workers going to communities to pick cases and also educate the women about their rights and the laws,” Mezue told CNN.
In some communities in southern Nigeria, traditional leaders have begun calling on their subjects to stop these practices.
But many widows are still pressured by their in-laws to perform the rites.
Nigerian women from poor backgrounds are more likely to suffer physical abuse, compared to those from wealthy homes, according to Nwakwesi, and this discrimination against vulnerable women only makes her “more angry.”


 「それゆえ地域社会へ赴きケースを取り上げ、また女性たちへ女性の権利と法律を教育する民生委員立ちがいるのです。」とメズエ氏は語る。
 南ナイジェリアのいくつかの地域社会では、伝統的な指導者たちがこれらの習慣を辞めるように住民たちに呼びかけ始めています。
 しかしまだ多くの寡婦たちは義理の親たちから儀式を行うように圧力を受けています。
 ヌクエシ氏によると、ナイジェリアの貧しい境遇の女性は恵まれた家庭の女性と比較すると、身体的虐待を受けやすい。そして弱い立場の女性へのこの偏見は彼女を”更に腹正しくさせる”のだ。

“There is this school of thought in this widow practice. Those they dare and those they can’t. Do the high and mighty in Nigeria, who come from my area agree to do this? They don’t and no one has the audacity to stand up to them,” Nwakwesi said.
Physical abuse and disinheritance from families are among the many inequalities that women in Nigeria, and most of Africa, face after their spouses’ death
Society has not been kind to them either.


「この寡婦の習慣に対する考え方の学校があります。彼女たちがやれることとやれないこと。私の出身地の身分が高く力のあるナイジェリア人がこれをすることに賛同するでしょうか?彼らはしませんし、それらに立ち向かう度胸はありません。」とヌクエシ氏は語る。
 ナイジェリア、そしてアフリカの大部分にて配偶者を無くした女性が直面する多々なる不平等の中で家族からの身体的虐待と勘当がある。社会も彼女たちに優しくなかったのだ。

African women are often excluded from social and economic plans — safety nets they desperately need — after the death of a spouse or dissolution of a marriage, experts from the World Bank said in a 2018 report.
Nwakwesi, now a school proprietor in an upscale neighborhood in Lagos, said she had plans to grow her business after her husband’s death but she had no means to source the funds.

 2018年度報告にて世界銀行の専門家が語るには、配偶者の死後若しくは離婚後に、彼女たちが真に必要としているセーフティネットである社会的経済的プランからアフリカ女性は締め出されている。
 ラゴス近郊の学校のオーナーであるヌクエシ氏は、夫の死後ビジネスを拡大する計画を持っていたが、資金調達の手段が無かったと語る。

Over the years, she’s also counseled and assisted widows after they were denied small business loans because they were not married.
“People think you won’t be able to repay because now you are the only one bearing the responsibilities, but economic empowerment is one way to put a woman back on (her) feet,” Nwakwesi said.

 何年もの間、独身の為小型ビジネスローンを断られた寡婦たちをヌクエシ氏はカウンセルし支えてきた。
「人々は責任を負うのは独りなのだから返済できないと考えます。しかし経済面での支援は女性を独り立ちさせる一つの方法なのです。」とヌクエシ氏は語る。

女性の権利の為に戦う


Fight for women’s rights

Chinyere Anokwuru, who runs a skills acquisition center for women in Lagos, says women are usually the custodians of traditions that repress widows and their re-orientation is critical to abandoning these practices.
“The older widows believe that they have gone through these practices and believe others must go through the same thing,” Anokwuru told CNN.At the Lagos-based center, widows are being taught about women’s and property rights. They are being empowered to speak up against the practices in their communities.
“We are speaking at town hall meetings, telling village chiefs and widows to say no when another widow is told to sit on the floor for seven days wearing black cloth because she’s lost her husband,” she said.

ラゴスにてスキル取得センターを経営しているチンエール・アノックル氏は女性が寡婦を抑圧する伝統の管理人であり彼女らの再配置がコレラの慣習廃止には必須だ。
「歳を取った寡婦ほどこれらの慣習を通過してきたのであり、他人も同じ道を通らなければならないと信じている。」とアノックル氏はCNNに語った。

 ラゴスに位置するセンターで寡婦らは女性の権利と資産の権利について教えられる。彼女たちは地域社会で慣習に対し声を上げるように力を与えられる。
「私たちは待ちの講堂で話をし村の長や寡婦たちに、夫を亡くしたということで7日間黒い服を着て床に座っているように他の寡婦から言われたら、ノーというように伝えています。」と彼女は語る。

For Rose, it’s been three years since her husband passed away and she’s still putting pieces of her life back together.
She says it’s been difficult raising funds to revive her clothing business and she now runs a local restaurant in Abule Egba, a densely-populated neighborhood in downtown Lagos.

What profit she makes is only enough to pay her rent and keep her family going. But her husband’s death has given her a new meaning beyond her material needs, she said.

Instead of attending social functions on weekends — which is what she used to do when she had her fabric store — Rose volunteers at a women’s advocacy group in the area.

 ローズは夫が亡くなってから3年が経ったが、彼女はまだ人生の断片をもとの位置に戻し続けている。
 衣料品事業を復活するために資金調達をするのは困難であり、現在はラゴスの隣の人口が密集したアブレ・エグバで地元料理の食堂を経営している。

彼女が得る利益というのは家賃と家族を養うだけで精いっぱいだ。しかし彼女の夫の死は物質的な欲求を超えた新しい意味を彼女に与えてくれたと彼女は言う。
 以前衣料店を経営していた時には週末は社会活動に参加したものだが、彼女はいまは地域にて女性の擁護団体へのボランティア活動を行っている。


When a woman’s husband has just died in the community, Rose is one of the people they call on for advice.
“I tell them the hell I went through, to let them know they don’t have to go through these rites. They should just reject it,” Rose said.The fight for the abolition of widow rites should be seen as a fight for women’s rights, she added.
“Men are not subjected to these forms of rituals when their wives die. It is still a form of discrimination against women.”

 女性の夫が地域社会で亡くなった時には、ローズはアドバイスを求められる人々の一人だ。
「私は彼女たちに私が通ってきた地獄を教え、彼女たちにこれらの儀式を受ける必要は無いことを教えます。彼女たちは拒否さえすればよいのです。」とローズは語る。

 儀式の廃止の戦いは女性の権利の戦いとみなすべきだ、と彼女は付け加えた。
「男性は妻が無くなった時はこれらの儀式を受ける必要が無い。それは女性に対する差別だ。」

以上となります。異常な社会、ですね、日本からすれば。ただ日本のこのどこかにも程度はどうであれ男女不平等が存在します。みなさんのひとりひとりが住みやすい平等な社会を創り上げていく意識が大切でしょう。

原文


 

コメント