アフリカで夫を亡くした女性はどのように扱われるか?(1)

時事英語

Her husband died. Then his family shaved her head and made her strip beside his grave


彼女の夫が亡くなった。そしたら家族は彼女の頭を剃り、遺体のそばで裸にさせた。
 
 はい、皆さんこんにちは、管理人のポチャです。今日はCNNにてアフリカで夫を亡くした女性たちの現実を報道した記事がありました。日本もまだまだ男女不平等と言われますが、世界にはこういった社会もあるのかと驚くばかりです。では皆さんと一緒に見ていきましょう。

重要英単語


occasion:(特定の事が起こった)時、場合、折、特別の出来事、行事、祭典、儀式、機会、好機、きっかけ
outfit:(特定の目的のための)服装ひとそろい、したく品、用品一式、(仕事に従事する)一団、一行、団体、(軍の)部隊
bustling:せわしい、騒がしい、ざわめいた
booming:ブーンと鳴る、にわか景気の、急騰する、急増する
drain:(排水設備で)徐々に排出させる、はかせる、水をはかせる、排水をする、消耗させる
dialysis:透析(とうせき)
in-laws:義親
deprivation:剥奪(はくだつ)、(相続人の)廃除、(聖職の)罷免、喪失、損失、(生活必需品などの)欠乏(状態)
seclusion:隔離、隔絶、隠遁(いんとん)、閑居、引退
deprive: 奪う、拒む
unhygienic:非衛生的な
deceased:死去した、故…、故人
rite:儀式、儀礼
corpse:(特に、人間の)死体、死骸(しがい)
recount:(…を)詳しく話す、物語る
confine: 限る、制限する、とどめる、(…を)閉じ込める、(…に)閉じ込める、監禁する
ordeal;厳しい試練、苦しい体験、試罪法
provision:供給、支給、提供、用意、準備、支給量、食料、糧食、規定、条項

Editors Note: CNN is committed to covering gender inequality wherever it occurs in the world. This story is part of As Equals, an ongoing series.


編集者メモ:CNNは世界中どこであれ男女不平等なことが発生していれば報道することを約束しています。これは現在発生している平等に関する一連の出来事の一部です。
→CNNは定期的に世界中の人身売買、奴隷社会、男女不平等といった現実を報道しています。

Lagos, Nigeria — For many years, Rose’s clothing store was the destination of choice for Lagos women in search of a new outfit for a party or occasion.She traveled regularly to textile hubs in Turkey to source high-quality fabrics for her clients and her children helped out in the family business on busy days during December festivities.

The small store in Oshodi — in the heart of the bustling Nigerian city — did a booming trade until personal tragedy struck the businesswoman in 2015.

Her husband died. Then his family shaved her head and made her strip beside his grave

ナイジェリアのラゴス-
 何年もの間ローズの衣料店はラゴスの女性にとってパーティや何か特別なことのための洋服を探しにいく目的地だった。彼女は顧客の為に高品質の生地を求めて定期的にトルコのテキスタイル・ハブ(生地販売の中心地)へ旅行へ行っていた。12月のお祭りの繁忙期には子供たちがこの家業を助けていた。

そのオショディの小さなお店ー騒々しいナイジェリアの中心地ーで急成長していた貿易をやっていた、2015年にそのビジネスウーマンに個人的な悲劇が降りかかるまで。

Doctors diagnosed Rose’s husband with chronic kidney failure that eventually led to his death two years later at the age of 55.The illness — in a country where 4% of the 195-million strong population have access to health insurance — drained the family’s finances.


 医師はローズの夫を慢性の腎臓疾患と診断しそれはとうとう2年後の55歳で夫を死に至らせた。1億9500万人という巨大な人口で4%のみが医療保険を享受できるという国で、その病気は家族の家計を干上がらせた。


“I sold everything in my shop, undervalue, to get money for his weekly dialysis,” Rose, 45, told CNN.
But the financial challenge she faced while caring for her sick husband was dwarfed, she says, by what she encountered after his death in 2017. Following his burial in southern Nigeria, Rose says she was forced by her in-laws to undergo a series of rituals that included shaving her head, pubic hair, and stripping near her husband’s grave.


「毎週の透析の為に、店のモノをすべて赤字で売ったの。」と45歳になるローズはCNNに語った。
 しかし、病気の夫を世話していた時に彼女が直面した経済的困難は、2017年の彼の死後に遭遇したことと比べれば、小さかったと彼女は語った。金銭のナイジェリア南部の葬式で、ローズが言うには義理の親に頭と陰毛を剃り、そして夫の遺体のそばで裸になるといった一連の儀式を行うことを強いられた.


When she initially refused, Rose says they told her that she and her children would be banished from the local community in Delta State, where her husband was to be buried.

“I never wanted to go through that process, but when I asked them what if I don’t do it, they said it [her refusal] means I killed my husband,” she said, speaking to CNN.

EXCLUSIVE: A look at the plight of Widows in Nigeria


 最初彼女は拒絶したが、ローズが言うには、(もし断ったら)彼女と彼女の子供たちは夫が埋葬されたデルタ州の地方社会から追放されることになるだろうと彼らは彼女に話したそうだ。
「私は絶対そんなことはしたくなかった。だけど彼らに若し私がしなかったら?と聞いたら、(拒絶は)私が夫を殺したことになると彼らは言ったの。」と彼女はCNNに語った。
→ひどい話です。

剥奪と隔絶


Deprivation, seclusion

In parts of southern Nigeria, widows like Rose are subjected to a set of practices after their husband dies. They can be kept in seclusion for weeks, deprived of meals and made to live in unhygienic conditions.They are viewed as “unclean” and in need of cleansing rituals that can include shaving body hair and forcing them to marry a man related to their deceased husband, according to women’s rights groups and researchers.


 南ナイジェリアの一部では、ローズのような寡婦は彼女らの夫の死後、一連の習慣に従う。何週間も隔離され、食事を奪われ、非衛生的な環境に住むこともある。

 女性の権利グループと科学者によれば、彼女らは「汚らわしい」ので、体毛を剃るといったこともあり得る清めの儀式が必要だと見られる。そして無くなった夫の親戚の男性と結婚することを強要されるのだ。

In some cases where the husband has died young, the wife sometimes becomes a suspect in his death and she might be forced to drink the water used in bathing his corpse or lie with his remains to prove her innocence, according to researchers in a 2015 paper published by the International Journal of Humanities and Social Science.Those who refuse are often accused of killing their husbands and expelled from their communities.


 2015年に発行された人権と社会科学の国際ジャーナルによれば、夫が若くして亡くなったケースにおいては、妻が時々夫の死の容疑者となりうる。その無実を晴らすために女性は死体を洗った水を飲み干したり、遺体に横たわることを強いられる。

 拒絶した場合しばしば夫殺しと責めを受け、社会から追放されることになる。
 

It’s been three years since Rose’s husband died, but her voice still shakes as she recounts the details of the rituals.
Speaking in her Lagos apartment, Rose says she was confined to a room at the back of her in-laws’ house for two weeks.


 ローズの夫の死から3年が経過していたが、儀式の詳細を語るときに彼女の声はまだふるえていた。ラゴスの彼女のアパートで、ローズは彼女は2週間義親宅の裏部屋で監禁されたと彼女は語った。

“They threw food at me as if I am a dog … nobody had any physical contact with me because anything I touch is unclean,” she said.
“They woke me up at 2 a.m. and told me to start crying around my husband’s grave. They said I should scream louder and until my cry wakes the community.”A day before she concluded the rites, Rose says elderly widows visited her.
“They asked me to shave my pubic hair, my armpit hair, my nails and bring them along the next day when they want to shave my hair,” she said.
After that, she says her head was shaved and she was stripped naked.


「義理の親は私が犬のように食べ物を投げて与えたわ。。私と接触するのは汚れているということでされも私に接触しなかった。」と彼女は語った。
「彼らは朝2時に起こして夫の遺体のそばで泣くように言ったわ。大きな声で泣き叫けばなきゃならない、泣き声が街の人たちを起こすぐらいにとね。」と彼女は語った。

儀式が終了する一日前、年上の寡婦が彼女を訪れたとローズは語る。
「彼らは陰毛、腋毛、爪を剃ってから翌日頭を剃るときに持ってくるように言ったの。」と語った。そうして、彼女はアタマを剃られ裸にされた。


“They burned everything I was wearing and my hair. Then, they told me to bathe in the same spot. I protested that I could not bathe in broad daylight. They insisted. People were looking at us, we had been there from 2 a.m. to 4 p.m., and I wanted it to end,” she said.The next day, Rose says she was taken to a village gathering, where she was asked to marry one of her husband’s siblings or another man from the community.

Challenges Of Nigerian Widows


「彼らは私が来ていた全てのものと私の髪の毛を焼いた。そしてそこで水浴びをするように私に言うの。わたしは日中の人前で水浴びなんかできないと抗議したけと彼らは要求し続けた。人々は私たちをながめており、そこに朝の2時から午後の4時までいた。終わってほしかった。」と彼女は語った。
次の日、ローズは村の集会に連れていかれ、夫の兄弟か親戚の男と結婚するように言われたと彼女は語った。

“They said I should choose a husband in replacement of my late husband. I was shocked … one of the men said I could choose my son and I did, but most of them were not happy with that option,” she says, her gaze fixed on her husband’s photograph as she recounted the ordeal.
“I am one of the humiliated widows,” she added, rubbing her finger where her wedding band used to sit.


「夫の代わりを選ばなければならないと彼らは言うの。私はショックを受けたわ。ある男は息子も選択できるとのことだったのでそうしたわ。だけど大半の人たちはその選択に不満足だったわ。」と彼女は語った。その厳しい試練を語るときに彼女のまなざしは夫の写真に釘付けだった。
かつては結婚指輪がはめられていた指をさすりながら、「私は辱められた未亡人の一人です。」と付け加えた。

 今回は以上となります。しかしひどい社会がまだ21世紀に存在するのですね。続きは明日となります。では!

原文


 

コメント